旧東奥義塾外人教師館

旧東奥義塾外人教師館

青森県弘前市にあるレトロな洋館が旧東奥義塾外人教師館。明治36年に弘前市東奥義塾(現・東奥義塾高等学校)に招聘されていた英語教師の宿舎として建設された洋館。昭和62年に弘前市に寄贈され一般公開されています。青森県の重宝。隣接して旧弘前市立図書館が建っています。

東奥義塾に招かれた英語教師の宿舎

旧東奥義塾外人教師館

東奥義塾は、藩校・稽古館を引き継ぐ形で明治5年に青森県内で最初に開校した私学(弘前漢英学校)で、明治11年の『日本奥地紀行』(Unbeaten Tracks in Japan)の著者イザベラ・バード(Isabella Lucy Bird)は「カレッジ」と記しています。

東奥義塾は、旧藩主からの財政支援も途絶え、財政難であることから明治34年に弘前市に移管されましたが、その際に火災で焼失していた外人教師館として建てられたもの。
明治43年に県立に、その後、大正2年にいったい廃校になりましたが、大正11年に私学として復興しています。

館内には、明治期の外国人の生活を再現し、家具などが配され、往時を偲ぶことができます。

明治33年にアメリカのメソジスト・ミッションボード、宣教師アレキサンダーが設計し、本間俊平(ほんましゅんぺい)が施工したものと推測されています。
1階にはランチや手作りケーキが人気の「サロンドカフェアンジュ 」(salon de cafe Ange )も入居。

旧東奥義塾外人教師館
旧東奥義塾外人教師館
名称 旧東奥義塾外人教師館/きゅうとうおうぎじゅくがいじんきょうしかん
所在地 青森県弘前市下白銀町2-1(追手門広場内)
関連HP 弘前市公式ホームページ
電車・バスで JR弘前駅から弘南バス市役所方面行きで15分、市役所公園入口下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道大鰐弘前ICから約11km
駐車場 弘前市立観光館駐車場(100台/1時間まで無料、以降有料)、弘前文化センター駐車場(110台/1時間まで無料、以降有料)もあり
問い合わせ 弘前市文化財課 TEL:0172-82-1642
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧弘前市立図書館

旧弘前市立図書館

青森県弘前市にあるレトロな洋館が旧弘前市立図書館。明治39年3月に斎藤主(さいとうつかさ)、堀江佐吉(ほりえさきち)ら篤志家5人が東奥義塾高校の敷地内(現在の追手門広場付近)に建てた洋館で、平成2年に市制施行百周年を記念して現在地に移築復元

日本キリスト教団弘前教会

日本キリスト教団弘前教会

青森県弘前市、弘前公園の東にある歴史ある教会堂が日本キリスト教団弘前教会。明治39年、弘前メソヂスト教会の教会堂として建築されたもので、左右に配置されたフランスゴシック風、白のオイルペイントで仕上げの双塔が印象的。設計は桜庭駒五郎、建築は堀

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ