惣郷川橋梁

惣郷川橋梁

山口県阿武郡阿武町を走る山陰本線の惣郷川(白須川)河口に架かる鉄道橋が、惣郷川橋梁(そうごうがわきょうりょう)。橋長189.14mとさほど長くはありませんが、昭和7年、山陰本線最後の開通区間に架けられた絶景の橋。土木学会選奨土木遺産にもなっています。

ラーメン高架橋の先駆け的な存在で、土木遺産に

山陰本線の須佐駅〜宇田郷駅間にありますが、撮影スポットは宇田郷駅から北へ徒歩30分ほどの場所。
塩害を避けるため、橋は鉄筋コンクリートラーメン橋で鉄筋を分厚いコンクリートで守っています。
惣郷川河口部の波打ち際に位置するため、波浪によって川底が洗掘される危険があるため、井筒基礎が用いられています。

惣郷川橋梁の真ん中に夕陽が沈むのは、春(3月下旬〜4月上旬)、秋(9月下旬〜10月上旬)の年2回。

車の場合は、山口県道343号(宇田須佐線)沿い、惣郷地区集落排水浄化センター周辺の空き地に車を入れることになりますが、マナーを守って撮影を。

惣郷川橋梁
惣郷川橋梁
名称 惣郷川橋梁/そうごうがわきょうりょう
所在地 山口県阿武郡阿武町惣郷
関連HP 阿武町公式ホームページ
電車・バスで JR宇田郷駅から徒歩30分
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ