袖志の棚田

袖志の棚田

京都府京丹後市丹後町袖志(そでし)、丹後半島北端。経ヶ岬灯台近くにある棚田が、袖志の棚田。農林水産省の「日本の棚田百選」にも選定される棚田で、眼下に袖志集落と日本海を眺望し、日本海に沈む夕日が美しい絶景の棚田で、撮影スポットとしても人気。

日本海に沈む夕日が美しい棚田

袖志の棚田

京都府でも最北端の経ヶ岬灯台(「日本の灯台50選」、経済産業省の近代化産業遺産に選定)のそばに位置する袖志集落の棚田。
4段の段丘からなる棚田(10万年前~12万年前の海食台がその後の地殻変動で隆起したもの)12haに400枚ほどの田が耕作される袖志の棚田。

落川の水を引いて棚田が形成されたのは室町時代の応永年間(1394年~1427年)頃と推測されています(袖志で農業をした記録があり、袖志での農地は棚田以外にないため)。

棚田で刈り取られた稲は稲木(いなき)に架けられ天日干しにされ、「袖志棚田米」(丹後袖志棚田こしひかり)として販売。
また、地域を支える女性グループの営む「宇川アクティブライフハウス」(元保育園を活用した宇川加工所/京丹後市丹後町久僧1070)では、棚田米(玄米)を原料に、はったい粉、はったい粉クッキーなどを製造販売しています。

平成22年から中山間地域等直接支払制度を活用した「袖志の棚田再生プロジェクト」として休耕田の再生などが行なわれて、それをきっかけに「袖志棚田保存会」が発足し、棚田の保全が図られています。

袖志の棚田
名称 袖志の棚田/そでしのたなだ
所在地 京都府京丹後市丹後町袖志
ドライブで 京都縦貫自動車道宮津天橋立ICから約46km
問い合わせ 京丹後市観光協会丹後町支部 TEL:0772-75-0437/FAX:0772-75-2189
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

経ヶ岬灯台

丹後半島最北端の岬。岬の先端、海抜140mの断崖上には明治31年に初点灯した経ヶ岬灯台があり、灯台へは駐車場から400mの遊歩道(階段状の山道)を15分かけて登ります。明治期に建設された石造の灯台として歴史的価値も大ですが、内部の見学は不可

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ