南島大橋(親子大橋)

南島大橋(親子大橋)

三重県度会郡南伊勢町、リアス式海岸で真珠養殖の筏(いかだ)が浮かぶ贄湾(にえわん)の奥に架るのが南島大橋。国道260号と阿曽浦を結ぶ道路途中に架る橋で、南側の阿曽浦大橋とともに親子大橋と呼ばれています(親は南島大橋)。

贄湾に架る赤いアーチ橋から真珠筏を眺望

南島大橋(親子大橋)

橋長155mの海上橋(アーチ橋)で、橋上からは美しいリアス式海岸の絶景を眺めることが可能。
鵜倉半島の高台、鵜倉園地にある「あけぼの展望台」からは、手を取るように寄り添う親子大橋を俯瞰的に眺めることができます。

橋の架る旧南島町(平成17年に南勢町との合併によって南伊勢町が発足)は、「奥志摩の秘境」と称され、リアス式海岸の入り組んだ入江、阿曽浦、慥柄浦(たしからうら)、贄浦(にえうら)、奈屋浦、神前浦、方座浦、古和浦が南島七浦です。
親子大橋は、南島七浦のうち国道260号側の慥柄浦と阿曽浦を結ぶ橋。
南島大橋と阿曽浦大橋の間の島には中ノ磯展望台があります。

南島大橋の南詰に駐車スペースがあるので、車は南詰に駐めて、橋の路側に設けられた歩道から海景を楽しみましょう。

ちなみに、贄湾の「贄」(にえ)という言葉は、神宮(伊勢神宮)への供え物を御贄(みにえ)と呼ぶことに由来し、かつては神々に備える海産物を産する御贄場(みにえば)だったことを意味しています。
つまりは、品質の良い魚介を産する地だということに。


画像協力/三重フォトギャラリー

南島大橋(親子大橋)
南島大橋(親子大橋)
名称 南島大橋(親子大橋)/みなみしまおおはし(おやこおおはし)
所在地 三重県度会郡南伊勢町道方
関連HP 伊勢志摩観光コンベンション機構公式サイト
電車・バスで JR・近鉄伊勢市駅から三重交通バス南島線道方方面行きで道方下車、徒歩20分
ドライブで 伊勢自動車道玉城ICから約28km。紀勢自動車道大内山ICから約27km
駐車場 駐車スペース
問い合わせ 南伊勢町観光商工課 TEL:0599-66-1501
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ