武家屋敷旧小関家

武家屋敷旧小関家

宮城県白石市にある武家屋敷旧小関家は、白石城主・片倉家の家臣・小関家の武家屋敷で、享保15年(1730年)の築。白石城の北(国道113号の南)、沢端川沿い(三の丸外堀沿い)の後小路(うしろこうじ)南側東端に建っています。宝暦11年(1761年)の白石城下絵図に「小関右衛門七」と記される中級武士の館です。

白石城下にある中級武士の館

平成3年に白石市に寄贈されたのを機会に、解体復元、一般公開されています。
建築年は、解体時に発見された「享保15年2月12日」の墨書から判明、宮城県の文化財に指定。
小関家は、享保元年(1716年)に番士に編入され、奥方用人を務めました。

白石城は、仙台藩伊達氏の支城で、江戸幕府の一国一城制の異例の対象外となり、明治維新まで存続。
常林寺、清林寺、片倉家の菩提寺・傑山寺などが建ち並ぶ寺町は城の南側に位置しています。
つまり北側の武家屋敷、南側の寺町という防衛的な配置です。

名称 武家屋敷旧小関家/ぶけやしききゅうこせきけ
所在地 宮城県白石市西益岡町6-52
関連HP 武家屋敷公式ホームページ
電車・バスで JR白石駅から徒歩15分
ドライブで 東北自動車道白石ICから約6km
駐車場 15台/無料
問い合わせ TEL:0224-24-3030/FAX:0224-24-3033
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白石城

白石城

宮城県白石市にある続日本100名城にも選定される平山城が白石城(しろいしじょう)。仙台藩伊達氏の支城で、江戸時代の一国一城制の例外的な存在として明治維新まで存続しました。天守の代用として三階櫓が聳えていましたが明治の廃城令で破却。現在の三階

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ