三河一色大提灯まつり|西尾市

三河一色大提灯まつり

毎年8月26日〜8月27日、愛知県西尾市の一色諏訪神社で『三河一色大提灯まつり』が行なわれます。日本一のブランドうなぎ産地として名高い三河一色の一色諏訪神社の祭礼。江戸時代に創始したという歴史ある祭礼で、和紙で作られた6組12張の大提灯(間浜組の提灯は10mにも及びます)に灯が入る夜は圧巻です。

巨大な提灯、6基が献灯される!

一色諏訪神社は、永禄7年(1564年)頃、信州・諏訪の諏訪大社から分霊を勧請して、一色の諏訪大明神を建立したのが創始。
当時、村には毎年、海魔(かいま)が現れ田畑を荒らし、人畜に危害を与えていたので、村人は神前に魔鎮(まちん)の剣を供え、大かがり火を焚き海魔退散を祈願しました。

寛文年間(1661年~1672年)頃、かがり火を焚くことが不便だということで、提灯を献灯するように変化しました。
これが『三河一色大提灯まつり』の始まり。

江戸時代中期以降提灯が大型化。
明治時代には周辺の知多や渥美の人々から「一色のばかぢょうちん、一度見ぬもばか、二度見るもばか」、「一色のばかぢょうちん」(当時は幡豆郡一色村)といわれるほど有名な行事になったのです。

海魔の現われた洲を「魔の浜」と呼び、これが転じて間浜という地名になったのだとか。
現在では海の平穏と豊漁を願って行なわれています。

上組大提灯、中組大提灯、大宝組大提灯、諏訪組大提灯、間浜組大提灯、6組12張の大提灯が境内に吊り上げられ(8月26日8:00頃)、灯を入れることにより古色豊かな絵模様が写し出されます。

各組の代表がお祓いを受け御神火を受け、提灯内の高さ1.1m、93kgの巨大なロウソクに火が灯る大提灯献灯祭(8月26日19:00頃)がみどころ。
最大の間浜組大提灯は胴回り部分の直径5.6m 全長10.0mという巨大なもの。

祭りは8月27日17:00の提灯降納までなので注意が必要。
8月26日大提灯献灯祭終了まで参列する場合には、終バスに注意を。
一色町にある「西尾市立一色学びの館」(図書館と資料館を併せ持った複合文化施設)の「三河一色大提灯まつり」ゾーンには、大提灯のレプリカが常設展示されています。

三河一色大提灯まつり|西尾市
開催日時 毎年8月26日〜8月27日
所在地 愛知県西尾市一色町一色宮添129
場所 三河一色諏訪神社
関連HP 三河一色諏訪神社公式ホームページ
電車・バスで 名鉄西尾駅から名鉄東部交通バスで一色大宝橋下車、徒歩5分
ドライブで 東名高速道路音羽蒲郡ICから約30km
駐車場 臨時駐車場(一色南部小学校、一色中部小学校、一色老人福祉センター、一色町公民館、さかな広場)を利用
問い合わせ 西尾市観光協会 TEL:0563-57-7882
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ