絶景&穴場! 知床連山一望の「峯浜パーキング」

根室支庁の観光担当者が「ここから眺めると羅臼町の地形がよくわかります」と以前話していたのが、峯浜パーキングです。場所は、知床半島の東側、羅臼町の南の入口、峯浜地区です。知床半島の根元の部分に聳える海別岳(うなべつだけ)の東の山麓、陸志別川の畔にある町です。海別岳の西麓、斜里町側にも峰浜という地名があり、こちらはウトロ地区への入口となっており、共通した地名となっています。

知床連山を望む景観地

 

その峯浜パーキングですが、案内板に「知床連山景観地」(羅臼町)とあります。つまりは羅臼町認定の絶景の地ですが、ここで休憩を取っている観光客を見たことがありません。まったくPRしていないこと、表示がわかりづらく入りにくいパーキングだということと、先を急ぐ旅行者が多いのが理由でしょう。 同じ峯浜には、羅臼町内の遺跡から出土した石器、土器が並ぶ羅臼町郷土資料館もあるので、ぜひ寄り道して下さい。

峯浜パーキング
峯浜パーキング
羅臼町郷土資料館

冬の知床ねむろの魅力/(1)羅臼町郷土資料館で「北海道の歴史」を学ぶ

2019年3月19日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ