若山牧水記念文学館

若山牧水記念文学館

宮崎県日向市東郷町坪谷、若山牧水生家近くにある文学館が若山牧水記念文学館。若山牧水は、明治18年8月24日、当時の東臼杵郡東郷村、医師・若山立蔵の長男として生誕。生家の前に牧水公園が整備されていますが、その中心施設が若山牧水記念文学館です。

若山牧水生誕地、坪谷に建つ記念館

若山牧水記念文学館
白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり

本名は若山繁(わかやましげる)で、延岡中学(現在の延岡高校)に第1回生として入学し、2年生の時、初めて「梅の花 今やか咲くらむ 我庵の 紫の戸あたりの 鷺の鳴く」の歌を作っています。
中学5年生の秋頃から雅号を「牧水」としていますが、「当時最も愛していたものの名二つをつなぎ合わせたものである。牧はまき、すなわち母の名である。水はこの渓や雨やから来たものであった」(『おもひでの記』)と記しています。

若山牧水記念文学館の第1展示室では牧水の愛用品や直筆の掛け軸、原稿や書簡などを展示。
第2展示室では同じ東郷町出身の詩人・高森文夫に関する資料や歴代の牧水賞受賞作品を紹介しています。

若山牧水記念文学館
名称 若山牧水記念文学館/わかやまぼくすいきねんぶんがくかん
所在地 宮崎県日向市東郷町坪谷1271
関連HP 若山牧水記念文学館公式ホームページ
電車・バスで JR日向市駅から神門行き宮崎交通バスで30分、牧水記念館前下車、徒歩3分
ドライブで 東九州自動車道日向ICから約21km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 若山牧水記念文学館 TEL:0982-68-9511/FAX:0982-68-9512
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
牧水公園

牧水公園

宮崎県日向市東郷町坪谷地区(旧・宮崎県東臼杵郡東郷村)は『みなかみ紀行』などでも知られる若山牧水(わかやまぼくすい)の故郷ですが、若山牧水生家の前、坪谷川を挟んだ丘陵地に広がる公園が牧水公園。平成元年に国土庁の「リフレッシュふるさと推進モデ

若山牧水生家

若山牧水生家

宮崎県日向市(ひゅうがし)の坪谷川(つぼたにがわ)の清流のほとりに建つ若山牧水(わかやまぼくすい)の生家。若山牧水(本名:若山繁)は、明治18年8月24日、東臼杵郡東郷村(現・日向市東郷町)の医師・若山立蔵の長男として生誕。現存する生家は牧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ