富雄丸山古墳

富雄丸山古墳

奈良県奈良市丸山にある巨大な円墳が富雄丸山古墳(とみおまるやまこふん)。平成29年度の航空レーザ測量、平成30年度の発掘調査で、墳頂部に粘土槨 (埋葬施設) をもつ直径109mの造出し付円墳(日本最大の円墳)であることが判明しています。円筒埴輪、鰭付円筒埴輪、形象埴輪(家・盾・蓋)が出土しています。

航空レーザ測量で、日本最大の円墳と判明!

富雄丸山古墳

墳丘の平坦面の幅は1段目が7.2m、2段目は8.8mにも及び、大王墓に匹敵する広さと判明(壇は大王墓などの大型の前方後円墳で確認されていますが、円墳では異例)。
3世紀頃に中国北東部・朝鮮半島北部で鋳造された斜縁神獣鏡の一部も出土し、ヤマト王権が有力な豪族とつながりを強めるために配った鏡だと推測されています。
大阪と奈良を結ぶ交通の要衝に造られていることからも、4世紀後半の王権に準じる人の墓であることは間違いありません。

名称 富雄丸山古墳/とみおまるやまこふん
所在地 奈良県奈良市丸山1丁目
ドライブで 第二阪奈道路宝来ICから約3km
問い合わせ 奈良市教育委員会 TEL:0742-33-1821
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ