冬の知床ねむろの魅力/(5)野付半島で「氷平線ウォーク」

氷平線ウォーク

日本最大の砂嘴(さし)といわれる野付半島。北方領土の国後島(くなしりとう)までは、根室海峡を隔てて16kmの距離しかありません。その細長い野付半島の内海、野付湾は厳冬期ともなると、結氷して氷原に変身。野付半島ネイチャーセンターが主催する「トドワラ・氷平線ウォークツアー」に参加してみました。

野付半島ネイチャーセンターから野付湾上を「歩いて」トドワラへ!

氷平線ウォーク

もちろん氷平線とは、水平線を捩(もじ)った造語。
夏には水平線となる場所が、海が凍てつくことで、「氷平線」が生まれるというわけなのです。
北海道釧路市出身の小説家で、釧路市観光大使を務める桜木紫乃(さくらぎしの)は、平成19年に『氷平線』で単行本デビューしているので、道東ならでは造語なのかもしれません。

「トドワラ・氷平線ウォークツアー」は、厳冬期(1月~3月中旬頃)に、別海町、野付半島の先端部にある野付半島ネイチャーセンターで実施されるツアー。
スノーシューを履いてガイドの案内で景勝地・トドワラを目指して氷雪源を歩くもの。
途中までは夏と同様の遊歩道を歩きますが、途中からは結氷した野付湾をショートカット!

一面純白の氷雪原と化した野付湾と、青空のコントラストも見事です。
バックが真っ白で、遠近感も狂うことから、トリック写真には絶好のロケーションで、工夫次第ではユニークなトリック写真が撮影可能です(詳しくは以下のツイートを参照)。

取材メンバーのツイート

Twitterは2019年2月7日(木)〜2月10日(日)に行なわれた東のはじっこ知床ねむろ冬満喫プレスツアー(主催:根室振興局、受託:プレスマンユニオン)で、参加者が発信した情報をまとめたものです

氷平線ウォーク DATA

氷平線ウォーク
開催日時 1月〜3月中旬頃(結氷状況により異なる)※要予約
関連HP 野付ネイチャーセンター公式ホームページ
所在地 北海道野付郡別海町野付63
場所 野付ネイチャーセンター〜トドワラ
ドライブで 根室中標津空港から約39km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 野付半島ネイチャーセンター TEL:0153-82-1270(9:00~16:00)
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材協力/根室振興局

標津サーモン科学館

冬の知床ねむろの魅力/(8)標津サーモン科学館で「指パク体験」

2019年3月19日
ミートハウスながの

冬の知床ねむろの魅力/(7)「ミートハウスながの」で自慢の別海牛を味わう

2019年3月19日
羅臼・オオワシ

冬の知床ねむろの魅力/(6)羅臼で「流氷&バードウオッチング」

2019年3月19日
請望苑

冬の知床ねむろの魅力/(4)根室半島一周ドライブで「最東端めぐり」

2019年3月19日
ボスケット

冬の知床ねむろの魅力/(3)「ボスケット」で最東端のイタリアンを堪能

2019年3月19日
氷下待網漁

冬の知床ねむろの魅力/(2)風蓮湖で「氷下待網漁」を見学

2019年3月19日
羅臼町郷土資料館

冬の知床ねむろの魅力/(1)羅臼町郷土資料館で「北海道の歴史」を学ぶ

2019年3月19日
トドワラ・氷平線ウォークツアー

トドワラ・氷平線ウォークツアー

2019年3月17日

野付半島ネイチャーセンター

2017年6月13日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ