冬の知床ねむろの魅力/(7)「ミートハウスながの」で自慢の別海牛を味わう

ミートハウスながの

「ここまで来ると、べつせかい」がキャッチの別海町(べつかいちょう)の人口は1万5000人。対して牛の数は11万頭で、しかも広大なパイロットファームが広がっています。そんな別海町で、こだわり抜いた自家産の牛肉を提供するレストランが「ミートハウスながの」です。まだあまり知られていませんが、実はここ大注目の店。

永野貴浩さんの「本当に旨い牛肉が食べたい!」を実現

ミートハウスながの

全国1位の生乳生産量を誇る別海町の牛は乳牛が大半ですが、一部に食肉牛も育成されています。
そんな別海町の尾岱沼港近くで「ミートハウスながの」を営むのが永野貴浩さん。
こだわりの牛を育てる「牛蔵ふぁーむながの」を営み、さらに肉の販売、そしてレストラン「ミートハウスながの」のオーナーシェフを務めるなど、いつ眠るのかと心配になるくらいに、肉にこだわる毎日を送っています。

「お客様に美味しい肉を味わってもらいたい」という一心で、ブランド牛の生産地などを行脚し、今の飼育スタイルにたどり着いたのだとか。
祖父の勤さん、父・栄一さんと牛飼い歴は3代で約100年。
「本当に旨い牛肉が食べたい!」ということで、乳牛の育成から肉牛に転身し、恵まれた環境と乳牛の育成で培った技術を活かし、最初に育てた肉牛の肉がなんとA5ランクを獲得。

「手塩を架けて育てた牛なんだから、美味しく調理したい」と、自らレストランまで立ち上げてしまったのです。

「海風が運ぶミネラルを受けた牧草を与えた牛は健康で健やかな牛」ということで、牧草地も海岸寄りに契約農家を確保しているんだとか。
「目ざすは、循環型酪農です」と、夢は尽きません。

そんな永野さん、敷地の一角(レストランの横)に1棟貸しのゲストハウス「ミートハウスながの 四季の宿泊所」をオープンさせています。
これも、「ここを基地に、別海や野付の雄大な自然を満喫してもらえれば」という思いからです。

「ここまで来ると、べつせかい」の別海町には、まさに想像以上、「べっせかい」の肉料理店と宿があります!

ちなみに「ミートハウスながの」で提供される料理は、ハンバーグプレート、ビーフシチュー、ヒレステーキ、ビーフカレーなどで、1500円くらいのプレートならランチに最適です。

「ミートハウスながの 四季の宿泊所」
「ミートハウスながの 四季の宿泊所」

取材メンバーのツイート

Twitterは2019年2月7日(木)〜2月10日(日)に行なわれた東のはじっこ知床ねむろ冬満喫プレスツアー(主催:根室振興局、受託:プレスマンユニオン)で、参加者が発信した情報をまとめたものです
 

ミートハウスながの DATA

名称 ミートハウスながの/みーとはうすながの
所在地 北海道野付郡別海町尾岱沼65
関連HP ふぁーむながの公式ホームページ
ドライブで 根室中標津空港から約31km(約30分)
駐車場 10台/無料
問い合わせ TEL:0153−86-2368/FAX:0153−86-2368
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材協力/根室振興局、ミートハウスながの、羅臼の宿まるみ

標津サーモン科学館

冬の知床ねむろの魅力/(8)標津サーモン科学館で「指パク体験」

2019年3月19日
羅臼・オオワシ

冬の知床ねむろの魅力/(6)羅臼で「流氷&バードウオッチング」

2019年3月19日
請望苑

冬の知床ねむろの魅力/(4)根室半島一周ドライブで「最東端めぐり」

2019年3月19日
ボスケット

冬の知床ねむろの魅力/(3)「ボスケット」で最東端のイタリアンを堪能

2019年3月19日
氷下待網漁

冬の知床ねむろの魅力/(2)風蓮湖で「氷下待網漁」を見学

2019年3月19日
羅臼町郷土資料館

冬の知床ねむろの魅力/(1)羅臼町郷土資料館で「北海道の歴史」を学ぶ

2019年3月19日
トドワラ・氷平線ウォークツアー

トドワラ・氷平線ウォークツアー

2019年3月17日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ