瓢湖

瓢湖

新潟県阿賀野市の水原町東端に位置し、江戸時代、農業用水池としてつくられた人造湖が瓢湖(ひょうこ)で、ラムサール条約登録湿地。現在は白鳥が飛来する湖として名高く、オオハクチョウ、コハクチョウをはじめ、カモ類、アオサギなど、水鳥の宝庫。「白鳥の渡来地」として国の天然記念物に指定されています。

最盛期には5000羽の白鳥を観察

江戸時代初期、寛永16年(1639年)の完成当時には、湖の南側に「外城大堤」という小さな池もあり、大小2つの池をあわせると、ひょうたんの形に見えるため、瓢湖(ひょうこ)と呼ばれるように。

昭和29年、吉川重三郎氏(初代の白鳥おじさん)が、日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功した湖で、以来、水鳥の生育地として自然環境が保全されています。

白鳥が飛来するのは例年10月上旬。
3月下旬まで滞在し、11月下旬のピーク時には5000羽~6000羽の白鳥(コハクチョウ、オオハクチョウ、コブハクチョウ)が観察できます(白鳥を観察するなら早朝か夕方がおすすめ)。

期間中は、白鳥おじさん(3代目・齋藤功さん)が常駐、「瓢湖 水鳥のエサ」を購入すれば、餌を与えることも可能。
「問い合わせで多いのは、白鳥があまりいないということ。湖に昼間に訪れても、白鳥は昼間は周辺の田んぼへ食事に出かけていないのです」(阿賀野市公園管理事務所)。

瓢湖の湖畔は、瓢湖水きん公園として整備され、瓢湖観察舎(8:30~16:20)や散策路、「瓢湖あやめ園」なども整備されています。
ソメイヨシノ200本も植栽され、4月上旬の花見時期にはライトアップも実施されます。
「瓢湖あやめ園」(1.1ha)には、215品種50万本のアヤメが植栽され、開花期の6月上旬〜6月下旬には、『瓢湖あやめまつ』も開催。

瓢湖
名称 瓢湖/ひょうこ
所在地 新潟県阿賀野市水原
関連HP 阿賀野市公式ホームページ
電車・バスで JR水原駅からタクシーで5分
ドライブで 磐越自動車道新津ICから約9km
駐車場 300台/無料
問い合わせ 公園管理事務所 TEL:0250-62-2690
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
瓢湖あやめまつり

第38回瓢湖あやめまつり|阿賀野市|2019

2019年6月8日(土)~6月23日(日)/6月16日(日)がイベント日、新潟県阿賀野市で『第31回瓢湖あやめまつり』。冬の白鳥で有名な瓢湖ですが、初夏はアヤメ。215種類約50万本のあやめが咲く瓢湖あやめ園では、期間中、ライトアップ(18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ