八丁沖古戦場パーク

八丁沖古戦場パーク

かつての長岡城(現在のJR長岡駅周辺)の北東には、東西3km、南北5kmにもおよぶ広大な沼地が広がっていました。それが八丁沖(別名「八町沖」)。現在の地名でいえば大黒、百束、四ッ屋、富島、亀貝一帯。幕末の北越戊辰戦争の激戦地で、激戦跡(現・富島町)に、石碑と解説碑などが配される八丁沖古戦場パークが整備されています。

河井継之助のアイデアで、長岡城奪回の奇襲地

八丁沖も今ではのどかな稲作地帯に変わり、往時の沼地が想像もつきませんが、当時は魔物が棲むとの伝説も残る大湿地だったとか。
ゆえに長岡城北東の守りの要になっていたわけですが、明治元年・慶応4年5月19日(1868年7月8日)、北越戊辰戦争の際、新政府軍に、西の守りの要である信濃川西岸から攻められ城が落城。
その奪還を狙う長岡藩の軍事総督・河井継之助は、同年7月24日、起死回生のため、680名あまりで沼北側の百束から八丁沖の泥沼を6時間費やして渡り、7月25日未明、対岸の富島に上陸。
これが八丁沖の戦いで、奇襲に成功し、山県有朋(狂介)が指揮する新政府軍を撃退し、長岡城を奪還しています。
ただし、軍事力に勝る新政府軍は、早くも7月29日に長岡城を奪還、河井継之助も後に破傷風で死に至る被弾をし、歩行不能に。

この作戦の勲功者・鬼頭熊次郎の碑は長岡市富島町246の日光社に立っています。

浮世絵に見る 北越戊辰戦争と八丁沖

歌川芳盛の描いた『越後国信濃川武田上杉大合戦之図』は、明治新政府への配慮から北越戊辰戦争を武田・上杉の戦いに見立てていますが、実際は長岡城の攻防戦。
右上に長岡城が描かれ、長岡城の左下に「八丁沼」の名で八丁沖が描かれています。

越後国信濃川武田上杉大合戦之図

越後国信濃川武田上杉大合戦之図

八丁沖古戦場パーク DATA

名称 八丁沖古戦場パーク/はっちょうおきこせんじょうぱーく
所在地 新潟県長岡市富島町
関連HP 長岡市公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道中之島見附ICから約7.8km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 長岡市観光企画課 TEL:0258-39-2344
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

榎峠古戦場パーク

2018.09.18

大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑)

2018.09.16

長岡城本丸跡

2018.09.16

長岡城二の丸跡(長岡城祉の碑)

2018.09.16

栄涼寺

2018.09.16

北越戊辰戦争・西軍上陸の地

2018.09.16

西福寺・維新の暁鐘

2018.09.16

河井継之助記念館

2018.09.15

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ