大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑)

大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑)

かつて八丁沖(八町沖)と呼ばれた広大な沼地の北西端にあたる、新潟県長岡市大黒町。ここが河井継之助率いる長岡藩軍と長州藩、薩摩藩を主力とする新政府軍の北越戊辰戦争の激戦地。現在ではその一角が大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑)として整備されています。

記念碑には山本五十六の手による書が刻まれる

長岡城の北東に位置する八丁沖の低湿地は、当時、長岡城北東部からの敵の侵入を阻む、天然の要害の役割を果たしていました。
ゆえに明治元年・慶応4年(1868年)の北越戊辰戦争時、長岡城を占領した新政府軍は、一時この大黒村に前線基地を置いていたのです。
ここを中心に、約1ヶ月半もの激戦が続き、犠牲者は両軍で100名にも及んでいるのです。
激戦地の大黒村では焦土作戦により全戸が焼失。
残された遺体は、両軍の区別なく埋葬されています。

砲塁も築かれたといわれる跡地には現在、昭和12年に建立された「戊辰戦蹟記念碑」がありますが、その銘は地元出身の海軍大将・山本五十六によるもの。
「君仕忠勤三百年 勇猛至誠鉄石心
鋸嶽山頂名月夜 誰語維新大黒戦」
は、山本五十六の残した漢詩。
 

大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑) DATA

名称 大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑)/だいこくこせんじょうぱーく(だいこくぼしんせんせききねんひ)
所在地 新潟県長岡市大黒町
関連HP 長岡市公式ホームページ
電車・バスで JR押切駅から徒歩15分
ドライブで 北陸自動車道中之島見附ICから約5.5km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 長岡市観光企画課 TEL:0258-39-2344
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

八丁沖古戦場パーク

2018.09.16

長岡城本丸跡

2018.09.16

長岡城二の丸跡(長岡城祉の碑)

2018.09.16

栄涼寺

2018.09.16

北越戊辰戦争・西軍上陸の地

2018.09.16

西福寺・維新の暁鐘

2018.09.16

河井継之助記念館

2018.09.15

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ