小林虎三郎の碑

小林虎三郎の碑

新潟県長岡市の郊外、悠久山公園にある蒼柴神社(あおしじんじゃ)に向かう参道の脇に、ひっそりとたたずむ小林虎三郎の碑(小林病翁の碑)。病翁(へいおう)とは、幼い頃から終始病気にさいなまれた自身を表して、後年虎三郎から改名した名前。碑は没後50年に際し、旧士族の松下鉄蔵らが中心となって建てたもので、昭和5年に完成。

先見の明で長岡復興に貢献した小林虎三郎を称える碑

小林虎三郎は、松代藩士で兵学者・朱子学者・思想家の佐久間象山(さくましょうざん)のもとで学び、長州の吉田寅次郎(吉田松陰)と並んで「象山門下の二虎」と称された人物。

明治維新後に文武局総督となった小林虎三郎は、「藩財政が破綻したとしても、子弟の教育を疎かにせず文武の鍛錬をすべし」と考え、長岡藩の支藩・三根山藩から贈られた米百俵をお金に変えて、国漢学校の校舎建設費用などに充当。
これが有名な「米百俵」の逸話です。

碑文では、長岡藩が困窮しているなかでも学校を興し、人材を育成したことこそが、今日の長岡繁栄の基礎を作ったと、小林虎三郎(小林病翁)の功績を称えています。

小林虎三郎の碑 DATA

名称 小林虎三郎の碑/こばやしとらさぶろうのひ
所在地 新潟県長岡市悠久町707(悠久山公園内)
関連HP 長岡市公式ホームページ
電車・バスで JR長岡駅東口から越後交通バスで12分、悠久山下車
ドライブで 関越自動車道長岡ICから約12.2km。または、長岡南越路スマートICから約12.1km。北陸自動車道中之島見附ICから約11.9km
駐車場 悠久山球場駐車場・蒼紫神社駐車場を利用
問い合わせ 長岡市観光企画課 TEL:0258-39-2344
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
蒼紫神社

蒼紫神社

2018年9月16日
米百俵之碑(国漢学校跡)

米百俵之碑(国漢学校跡)

2018年6月16日
米百俵の群像

米百俵の群像

2018年6月16日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ