フレンド 喜多町店

フレンド 喜多町店

新潟のソウルフードといえば「イタリアン」ですが、新潟県長岡市を中心に展開する「イタリアン」の店がフレンド。そのルーツ店がフレンド喜多町店です。創業者・木村政雄さんのアメリカ視察などを受け、昭和51年、ドライブスルーをマクドナルドより早く導入したというのもフレンドの自慢のひとつ。

「イタリアン」にプラス餃子を注文するのが定番

「スパゲティ風焼きそば」の「イタリアン」は、新潟市を中心にカフェテリア型のチェーン店を展開する「みかづき」の3代目社長・三日月晴三さんが昭和35年に考案し、昭和40年代からヒットし始めたローカルフード。

「みかづき」の三日月晴三さんと、「フレンド」の創業者・木村政雄さんは、昭和32年、箱根のセミナーで知り合い、以降、「飲食店チェーン化」チームの米国視察の旅などに一緒に参加したという親友で、「みかづき」でヒットした「イタリアン」を長岡でも取り入れてみたもの。
新潟市を中心に下越に展開する「みかづき」、長岡市を中心に中越に展開する「フレンド」、そして燕・三条あたりでは境界線を接しているというのが現状で、良きライバルになっているのです。

「みかづき」ももともと甘味処「三日月」がルーツですが、フレンドも甘味処「長岡饅頭本舗」でした。
木村政雄さんは、昭和30年代に軽食喫茶への転換を図ろうと、デパートの地下の甘味処ながら、まずはメニューに餃子(ニンニクの入っていない、しかも美味しい餃子)を取り入れ、これが大ヒットしたのです。

手作り、ヘルシーにこだわる木村政雄さんゆえのアイデアが、餃子となって結実したのです。
「イタリアン」に餃子を注文するのが、定番(「みかづき」では「イタリアン」にポテトです)。
地元では「イタリアン」と餃子のセットを「ペア」と呼ぶほど。

「イタリアン」は、イタリアン、ハンバーグイタリアン、カレーイタリアン、オムレツイタリアンがあります。
焼きそばにトマトソースをかけるという「イタリアン」の基本スタイルは、「みかづき」同じですが、ソース(「フレンド」はミートソースに近い)、麺(「みかづき」は太麺、「フレンド」は焼きそば定番の中太麺)などが違うので、まったく違った印象に。
「みかづき」はフォークを使いますが、「フレンド」はお箸で頂く点も違いのひとつ。

新潟県内には「みかづき」派、「フレンド」派がいるわけですが、県外からならまずは食べ比べから始めましょう。

フレンド 喜多町店
名称 フレンド 喜多町店/ふれんど きたまちてん
所在地 新潟県長岡市喜多町鐙潟572
関連HP フレンド公式ホームページ
電車・バスで JR長岡駅からタクシーで10分
ドライブで 関越自動車道長岡ICから約2km
駐車場 35台/無料
問い合わせ フレンド 喜多町店 TEL:0258-28-0152/FAX:0258-28-0152
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
みかづき 万代店(イタリアン)

みかづき 万代店(イタリアン)

新潟市で「イタリアン」といえば、みかづき!といわれるほど、新潟市民のソウルフードになっているのがみかづきのイタリアン。万代バスセンタービル2階にある万代店など、新潟、新発田など下越地方に20店舗以上を展開しています。イタリアンは、昭和35年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ