『新潟ブルース』歌碑

『新潟ブルース』歌碑

新潟県新潟市中央区、新潟市のシンボル、萬代橋の西詰、国道7号沿い、「ホテルオークラ新潟」の向かい側に立つのが、『新潟ブルース』歌碑。『柳ヶ瀬ブルース』(昭和41年4月1日発売)に続く、美川憲一のご当地ソング2曲目として、昭和42年8月10日に発売された曲です。

美川憲一と黒沢明とロス・プリモスとの競作

古賀政男の指導を受け、昭和40年、青春歌謡『だけどだけどだけど』でデビューした美川憲一ですが、日本クラウンのディレクター・長田幸治は、ムード歌謡的な楽曲のほうが美川には向いていると判断し、昭和40年8月、渋る美川に『柳ヶ瀬ブルース』を歌わせてヒット。
翌年、『新潟ブルース』、さらに昭和43年7月1日には11枚目のシングル『釧路の夜』と、ご当地ソングを3年連続でリリースし、『釧路の夜』で紅白初出場を果たしています。

美川憲一の7枚目のシングルとなる『新潟ブルース』は、作詞・山岸一二三、作曲・山岸英樹で、『柳ヶ瀬ブルース』、『釧路の夜』の宇佐英雄(作詞・作曲)とは異なります。
しかもシングル盤はA面『新潟ブルース』、B面『信濃川慕情』ですが、黒沢明とロス・プリモスとの競作で、ロスプリモス盤ではA面は信濃川慕情、B面が『新潟ブルース』という構成。
美川憲一版がA面のため、一般的には美川憲一の楽曲として知られていますが、実際は競作だったのです。

新潟駅、萬代橋、古町通など新潟の情景が歌詞に組み込まれているのは、作詞の山岸一二三と作曲の山岸英樹は地元・新潟出身の兄弟だから。

新潟市政100周年を記念して建立された『新潟ブルース』歌碑には、作詞・作曲者とともに、美川憲一、黒沢明とロス・プリモス両者の名前が刻まれています。

情景たっぷりの歌詞ということもあって、森雄二とサザンクロス、里見浩太朗、鳥羽一郎、瀬川瑛子、八代亜紀、純烈ら、多くの歌手にカバーされるご当地ソングです。

画像協力/(公財)新潟観光コンベンション協会

『新潟ブルース』歌碑
名称 『新潟ブルース』歌碑/『にいがたぶるーす』かひ
所在地 新潟県新潟市中央区下大川前通
電車・バスで JR新潟駅から徒歩20分
ドライブで 磐越自動車道新潟中央ICから約7km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

幣舞橋

明治22年に北海道随一という長い木橋が架けられたのが釧路川の河口部に架かる幣舞橋(ぬさまいばし)の始まり。当時は有料で「愛北橋」と呼ばれていました。その後、明治33年、国によって初代の幣舞橋が架橋され、今では旧釧路川に架かる幣舞橋は、釧路の

『柳ヶ瀬ブルース』歌碑

『柳ヶ瀬ブルース』歌碑

岐阜県岐阜市柳ヶ瀬2丁目、柳ヶ瀬商店街(柳ヶ瀬本通)のなかほど、岐阜柳ヶ瀬商店街振興組合連合会事務所近くの路面に配されているのが、『柳ヶ瀬ブルース』歌碑。昭和41年4月1日発売、美川憲一が歌って大ヒットした『柳ヶ瀬ブルース』(作詞・作曲:宇

『釧路の夜』歌碑

北国、港町、霧と演歌調のヒット曲の三要素が揃う釧路。『柳ヶ瀬ブルース』(昭和38年)、『新潟ブルース』(昭和42年)と並ぶ、美川憲一のご当地ソングシリーズの『釧路の夜』は、昭和43年のヒットソング。幣舞橋たもとのぬさまい広場に『釧路の夜』歌

萬代橋

新潟市の旧市街と新市街を結ぶ全長307mのアーチ橋が萬代橋(ばんだいばし)。信濃川に架かるこの橋が、初めて建造されたのは、明治19年。当時は萬代橋(よろずよばし)と呼ばれた木橋で、全長782mと国内最長を誇っていました。当時の新潟県は日本で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ