信州伊那梅園

信州伊那梅園

信州伊那梅園は、伊那谷・箕輪町にある観光梅林。3月中旬頃から梅が咲きはじめ、水仙、レンギョウ、梅の終わる頃には桃や八重桜が咲き乱れ、5月中旬まで様々な花が咲き誇り、まさに「桃源郷」の趣を味わうことができます。2万坪の広大な敷地に38種約7000本の梅があり、アルプスを借景にしたその見事さは日本一とも。

年によって満開になる時期は微妙に異なるが、例年4月の中旬

苑内の展望台からは残雪抱く中央アルプスと南アルプス、2つのアルプスを眺めることができます。
梅見頃は例年3月下旬~4月中旬、4月下旬~5月中旬には桃や八重桜が見頃に。

苑内の売店では梅製品が販売され、梅肉エキス「梅幸」や、梅干、「みつ梅」など、梅のおみやげ、さらにはブルーベリージャムなどのジャムなども取り揃えています。

また、6月~7月のウメの実の収穫時期には「梅もぎ祭」として梅もぎ体験を楽しむことができます。

信州伊那梅園 DATA

名称 信州伊那梅園/しんしゅういなばいえん
所在地 長野県上伊那郡箕輪町一の宮16138
関連HP 信州伊那梅園公式ホームページ
電車・バスで 伊那松島駅からタクシー約10分
ドライブで 中央自動車道伊北ICから約6km、伊那ICから約7km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0265-79-4086
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ