中岳

中岳

長野県(松本市)と岐阜県(高山市)にまたがる北アルプス(飛騨山脈)の槍穂高連峰。槍ヶ岳(3180m)から南に大喰岳(おおばみだけ・3101m)、中岳(3084m)、南岳(3032.9m)と連なる3000m峰の山並みのうち、真ん中にあるのが中岳です。

国内第12位の高峰は、別名「小槍ヶ岳」とも

中岳
小島烏水に「小槍ヶ岳」と呼ばれた山容。右は大喰岳
中岳
氷河公園〜南岳の登山道から見上げる中岳(左上)

槍穂高縦走路途中にあり、素通りすることが多い山ですが、大喰岳(3101m)、前穂高岳(3090.5m)に次いで国内第12位の高峰です。
しかも稜線の両側にカール(氷河地形の圏谷)が発達し、お花畑の群落も。

山岳写真家の田淵行男(たぶちゆきお)は、中岳東面に巨大な「舞い姫」の雪形(雪が溶けた黒い岩肌が振袖の舞姫が片手を花笠を持った姿に見えます)が出現すると著書『山の紋章・雪形』で紹介。
中岳から東に派生する尾根の途中、標高2500mにあるのが天狗池で、一帯の氷河地形が、天狗原で、氷河公園と通称されています。
「舞い姫」の雪形が現れるのは、ちょうど、中岳山頂から氷河公園にかけてです(槍沢から氷河公園への登山道は南岳北側で縦走路に合流/槍ヶ岳登山道・槍沢ルートの天狗原分岐から天狗池の往復は1時間30分)。

登山道は中岳山頂から南岳へ向け、南東の氷河地形の斜面を下りますが、夏の終りまで雪渓が残され、「雲表のオアシス」と呼ばれています。

近くから眺めると槍ヶ岳にも少し似た鋭鋒であることから、日本山岳会初代会長の小島烏水(こじまうすい)は、『日本アルプス』で「小槍ヶ岳」と記しています。

中岳
中岳
名称 中岳/なかだけ
所在地 長野県松本市安曇上高地・岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大喰岳

大喰岳

長野県(松本市)と岐阜県(高山市)の県境にそびえる北アルプス(飛騨山脈)、槍ヶ岳(3180m)から南に続く山並みに位置する高峰が大喰岳(おおばみだけ)。標高3101mと、3100mの大台を突破し、日本第10位の高峰になっています。槍ヶ岳を眼

槍ヶ岳

槍ヶ岳

日本のマッターホルンともいわれる北アルプスのシンボル的な存在、槍ヶ岳(やりがたけ)。標高3180mで、日本第5位の高峰。長野県松本市、大町市、岐阜県高山市の境にそびえ、燕岳(つばくろだけ)と結ぶコースが、北アルプス初心者にも人気の表銀座です

北穂高岳

北穂高岳

長野県(松本市)と岐阜県(高山市)の県境、北アルプス(飛騨山脈)・穂高連峰で最も北にあるのが北穂高岳。標高は3106mで、南の涸沢岳(3110m)に次いで、国内第9位の高峰になっています。東は涸沢カール、北は大キレット、西はロッククライミン

南岳

南岳

長野県(松本市)と岐阜県(高山市)にまたがる北アルプス(飛騨山脈)の槍穂高連峰。槍ヶ岳(3180m)から南に大喰岳(おおばみだけ・3101m)、中岳(3084m)、南岳(3032.9m)と連なる3000m峰の山並みのうち、最南端にあるのが南

日本の3000m峰 23座 完全ガイド

日本の3000m峰 23座 完全ガイド

標高3000m以上の高峰は、日本国内に23座(国土地理院・日本の山岳標高一覧による)。独立峰の富士山、御嶽山(おんたけさん)を除けば、南アルプスに北岳など11座、北アルプスに奥穂高岳など11座を数えます。中央アルプスは最高峰の木曽駒ヶ岳で2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ