北ドブ湿原

北ドブ湿原

長野県下高井郡木島平村、奥志賀高原とも呼ばれるのカヤの平一帯は、広範囲にわたってブナが茂り、中部地方最大の自然休養林、森林セラピー基地になっています。散策路を使ってブナの森を抜けると、奥にあるのが高層湿原の北ドブ湿原。7月中旬~7月下旬には湿原一面にニッコウキスゲが咲き誇ります。

コバイケイソウ、ニッコウキスゲの群落も

奥志賀のカヤの平は、南にそびえる標高1747.3mの高標山(たかっぴょうやま/高標火山)の火山活動で生まれた溶岩台地で、無数の凹地が大小様々な池塘、高層湿原を形成しています。

ニッコウキスゲとともに初夏を彩るのがヒオウギアヤメ、ニッコウキスゲより少し早く、7月上旬に見頃を迎えます。
6月に開花したワタスゲ、白い綿のような実をつけるのは、6月下旬〜8月。
ニッコウキスゲの少ない年にはワタスゲが目立ちます。
コバイケイソウ、ハクサンチドリ、テヤマリンドウ、オオバタチツボスミレ、ツルコケモモ、オオバタチツボスミレ、ツマトリソウ、そして北ドブ湿原が生育南限のオオバタチツボスミレ、チシマウスバスミレと花好きには人気の(しかも人の少ない)湿原になっています。
北ドブ湿原は、ブナ林とともに上信越高原国立公園の第1種特別地域に指定。

樹齢200〜300年のブナの原生林茂る、カヤの平自体も志賀高原に隠れてまだまだ無名の存在ですが、北ドブ湿原はさらに知る人ぞ知る秘境的な存在。
起点となるカヤの平高原総合案内所、カヤの平高原ロッヂから北ドブ湿原へは、ブナの森を抜けて所要30分。
カヤの平高原ロッヂの標高は1450m、北ドブ湿原の標高は1550mなので、100mほど登ることに。

時間がない場合には30分ほどで周回できる南ドブ湿原もありますが、ブナの森を抜けての湿原の方がおすすめです。

カヤの平は、志賀高原から北に、長野県道502号(奥志賀公園栄線)を走った途中から、林道に入るか、夜間瀬地区から林道清水平線を利用するという秘境的な存在なので、訪れる人もあまり多くはありません。

ちなみに北ドブ湿原のドブとは、汚れたドブ川のことではなく、古語(ヤマトコトバ)に由来するドブで湿地と推測されます。

北ドブ湿原
名称 北ドブ湿原/きたどぶしつげん
所在地 長野県下高井郡木島平村上木島
関連HP 木島平村公式ホームページ
電車・バスで JR飯山駅からタクシーで50分でカヤの平
ドライブで 上信越自動車道豊田飯山ICから約29km
駐車場 カヤの平駐車場(100台/無料)
問い合わせ 木島平村産業課 TEL:0269-82-3111/FAX:0269-82-412
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
カヤの平

カヤの平

長野県下高井郡木島平村、奥志賀高原とも呼ばれるのカヤの平一帯は、広範囲にわたってブナが茂り、中部地方最大の自然休養林、森林セラピー基地になっています。カヤの平高原総合案内所、「カヤの平高原ロッヂ」を起点に、ブナの森のなかには遊歩道も整備され

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ