大婆鼻・大婆鼻灯台

大婆鼻・大婆鼻灯台

佐賀県平戸市、平戸島から生月大橋で渡った生月島(いきつきしま)の最北端に突き出した大婆鼻(おおばえ)。足下には大バエ断崖といわれる90mほどの断崖が連なり、晴れた日には壱岐、対馬を望む景勝地。岬先端には白亜の大婆鼻灯台が建っており、参観灯台ではありませんが、外部階段を上って展望デッキに到達できます。

生月島最北端の岬は対馬を望む絶景の地

大婆鼻・大婆鼻灯台
大婆鼻・大婆鼻灯台

大婆鼻灯台の初点灯は、昭和33年1月。
塔高11m、灯火標高101m、光達距離は、12.5海里(23km)です。

岬一帯はハマユウの自生地でもあり、周辺には生月自然歩道も整備。
夕景の名所としても知られ、海に沈む夕日の美しさは格別。

大婆鼻灯台

大婆鼻灯台展望テラスからの眺め

 

大婆鼻・大婆鼻灯台 DATA

名称 大婆鼻・大婆鼻灯台/おおばえ・おおばえとうだい
所在地 長崎県平戸市生月町壱部免26-2
電車・バスで JR佐世保駅前から西肥自動車バス平戸桟橋行きで1時間25分、終点下車、西肥バス生月行きに乗り換え40分、生月役場前下車、タクシーで15分
ドライブで 西九州自動車道(武雄佐世保道路)佐世保みなとICから約65km
駐車場 20台/無料
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

塩俵の断崖

2018.11.24

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ