九十九島遊覧船

九十九島遊覧船

長崎県佐世保市から平戸に至る海域に大小208の島々が広がる九十九島(くじゅうくしま)。九十九島パールシーリゾートから出航する九十九島遊覧船「パールクィーン」は観光遊覧船としては初のバリアフリー対応。日本初の電気推進船「みらい」も人気があり、ともに50分の遊覧で多島美を満喫できます。

南九十九島の多島美を船から観賞

九十九島は、西海国立公園屈指の景勝地で、とくに佐世保寄りの南九十九島は、奇岩に覆われた丈ヶ島、千畳敷の岩場が続く長南風島(ながはえじま)など個性的な島が多く、海上から探勝するのが最適。
観光シーズンには「パールクィーンサンセットクルーズ」、「みらい謎解きクルーズ」も用意されています。

大型の遊覧船では通ることのできない航路を走る「リラクルーズ・ヨットセーリング」も実施。

ちなみに、九十九島を俯瞰的に眺める展望台としては、俵ヶ浦半島中央部の展海峰、市街地をも眼下にする弓張岳展望台、映画『ラストサムライ』ロケ地にもなった石岳展望台、南部には船越展望所、冷水岳公園、長串山公園展望所などがあります。

九十九島遊覧船
九十九島遊覧船
名称 九十九島遊覧船/くじゅうくしまゆうらんせん
所在地 長崎県佐世保市鹿子前町1055
関連HP 九十九島遊覧船公式ホームページ
電車・バスで JR佐世保駅からタクシーで25分
ドライブで 西九州自動車道佐世保みなとICから約6km
駐車場 700台/30分まで無料、以降有料、第3〜第5駐車場(芝生広場等園地駐車場)は3時間まで無料、以降有料
問い合わせ 九十九島遊覧船 TEL:0956-28-1999/FAX:0956-28-2399
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
展海峰/Tenkaiho Observatory

展海峰

展海峰(てんかいほう)は、佐世保と九十九島を隔てる俵ヶ浦半島のほぼ中央(佐世保市下船越町)、標高166mにある展望台。展望台からは、真珠やカキの養殖イカダの浮かぶリアス式海岸の入江や、九十九島を見下ろす絶好のポイント。208島からなる九十九

弓張岳展望台

弓張岳展望台

弓張岳展望台(長崎県佐世保市)は、標高364mの弓張岳にある絶景の展望台。佐世保市街と佐世保港を一望にし、西海国立公園に指定される九十九島(くじゅうくしま)の島々までの大パノラマを得ることができます。昼間の景色はもちろん、夕映えや佐世保市街

石岳展望台

石岳展望台

佐世保市にある九十九島を眺望する絶景展望台の石岳展望台。道路から山道を歩かなければならないため、かつてはカメラマンなど地元の人のみが訪れていた知る人ぞ知る穴場でした。それが2003年公開のハリウッド映画『ラストサムライ』(トム・クルーズ主演

船越展望所

船越展望所

西海国立公園に指定された多島海の群島、九十九島。それを南側から眺望するのが佐世保市各所にある展望所。船越展望所もそのひとつで、南九十九島観光の拠点、西海パールシーリゾートから車で3分ほどの距離にあるという好立地。展望台周辺はバリアフリーとな

冷水岳展望台

冷水岳展望台(冷水岳公園)

北九十九島を隔てて平戸島を望む標高323mの冷水岳(ひやみずだけ/長崎県佐世保市)山頂に位置するのが冷水岳展望台。さらに北にある長串山公園とともに九十九島八景の中では最北部を楽しむ展望スポットになっています。冷水岳の山頂へは車道が通じ、野外

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ