グラバー園・旧自由亭(自由亭喫茶室)

グラバー園・旧自由亭(自由亭喫茶室)

長崎県長崎市のグラバー園、グラバー住宅の背後にあるのが旧自由亭(自由亭喫茶室)。現存する建物は、西洋料理店「自由亭」として諏訪神社下の馬町12番地に建築されたもの。のちに検事正官舎としても利用されたが、昭和49年グラバー園に移築復元。現在2階は喫茶室として利用され、往時の雰囲気にひたることができます。

2階がレトロな自由亭喫茶室に

長崎出島のオランダ商館で洗濯、皿洗い、コックの見習をしながら西洋料理を習得した草野丈吉。
江戸時代末期の文久3年(1863年)、草野丈吉が伊良林(いらばやし)の若宮稲荷神社横で自邸を改装して日本初の西洋レストランで、「良林亭」を開業、これが日本人による西洋料理の事始めです。
亀山社中も近くにあったことから、ひょっとして新らし物好きの坂本龍馬も、通ったのではないか?と想像する人もいるのです。

「良林亭」はその年の内に「自遊亭」と改称、さらに慶応元年(1865年)、佐賀藩士・佐野常民(さのつねたみ/佐賀藩主・鍋島直正へ海軍創設の必要性を説き、自ら海軍所の責任者となった人物)の助言で時代を先取りした「自由亭」と名を変えて明治20年頃まで営業しています(明治19年に草野丈吉没)。

現存する建物は、明治11年7月、馬町に移転した時に建てられたもの。
旧自由亭近くの広場に、西洋料理の発祥の碑が立っています。

当時のメニューには「カーァヒイ(コーヒー)、カアレイ(カレー)、ゼリターツ(ゼリータルト)などと記されています。

眺めのいい2階にある「自由亭喫茶室」の名物は24時間かけて水から抽出される、長崎にゆかりの深いオランダ人の手で考案された「ダッチ珈琲」。
カステラセット、ケーキセットでくつろぐことができます。

グラバー園・旧自由亭(自由亭喫茶室)
西洋料理発祥の碑
名称 グラバー園・旧自由亭(自由亭喫茶室)/ぐらばーえん・きゅうじゆうてい(じゆうていきっさしつ)
所在地 長崎県長崎市南山手町8-1
関連HP グラバー園公式ホームページ
電車・バスで JR長崎駅から正覚寺下行き路面電車で5分、築町で乗り換え、石橋行きで3分、大浦天主堂下下車、徒歩7分
ドライブで 長崎自動車道長崎ICから約4.5kmで市営松が枝町第2駐車場
駐車場 市営松が枝町第2駐車場(94台/有料)
問い合わせ TEL:095−822−8223/FAX:095−823−3359
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
グラバー園・旧リンガー住宅

グラバー園・旧リンガー住宅

長崎県長崎市のグラバー園に移築された英国人フレデリック・リンガーの遺邸が旧リンガー住宅。明治2年に建てられた外壁石造りの洋風住宅で、国の重要文化財にも指定されています。長崎でグラバー商会に勤務後、独立してホーム・リンガー商会を設立。グラバー

グラバー園・旧オルト住宅

グラバー園・旧オルト住宅

長崎県長崎市のグラバー園に移築保存される旧オルト住宅は、開港直後の慶応元年(1865年)頃、イギリス人設計で大浦天主堂を建築した小山秀之進が施工したという、高い天井を支えているタスカン様式の列柱が印象的な建物。イギリス人貿易商ウィリアム・ジ

グラバー園・旧三菱第二ドックハウス

グラバー園・旧三菱第二ドックハウス

長崎県長崎市、グラバー園に移築保存される旧三菱第二ドックハウスは、明治29年に建てられた洋館で、木造2階建ての建物。ドックハウス(DOCK HOUSE)とは、船が修理のためにドックに入っている間、乗員が宿泊する施設のこと。三菱造船所第二船渠

グラバー園・旧長崎地方裁判所長官舎

グラバー園・旧長崎地方裁判所長官舎

長崎県長崎市のグラバー園に移築復元される旧長崎地方裁判所長官舎は、明治16年に長崎控訴裁判所などとともに建てられたもので、明治初期の西洋化を反映した典型的な官庁建築。当時は長崎外国人居留地外にある唯一の洋風住宅として、現在の市役所付近、長崎

グラバー園・旧スチイル記念学校

グラバー園・旧スチイル記念学校

長崎県長崎市のグラバー園に移築保存される洋館のひとつが旧スチイル記念学校。明治20年9月、アメリカのダッチ・レフォームド教会の外国伝道局長だったスチイル博士が、東山手9番地(旧英国領事館跡)に建てられた、日本人教育のための学校「スチイル・メ

グラバー園・旧ウォーカー住宅

グラバー園・旧ウォーカー住宅

長崎県長崎市のグラバー園に移築保存される洋館が旧ウォーカー住宅。「R. N. ウォーカー商会」を設立したロバート・ネール・ウォーカーの次男の旧邸で、大正4年に購入し、亡くなる昭和33年までこの建物で暮らしていました。建物は、明治16年~35

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ