島原武家屋敷・篠塚邸

島原武家屋敷・篠塚邸

長崎県島原市下の丁、島原城の西に位置する島原武家屋敷のひとつが篠塚邸。三河国額田郡深溝(愛知県額田郡幸田町深溝=深溝松平氏のルーツ)を祖とする篠塚家。13石2人扶持の下級武士で、明治時代まで11代続き、おもに郡方祐筆(書記)や代官などを務めていました。

郡方祐筆(書記)や代官などを務めた家

島原武家屋敷・篠塚邸

島原へは島原藩深溝松平家2代の松平忠房(まつだいらただふさ)が寛文9年(1669年)、福知山から転封の際に従して島原に。
篠塚家は、代々順右衛門を襲名しています。
愛知県豊川市篠束町が篠塚氏の三河のルーツともいうので、その一帯の出身だったのかもしれません。

屋敷は保存され、一般に公開されています。

島原武家屋敷・篠塚邸
名称 島原武家屋敷・篠塚邸/しまばらぶけやしき・しのづかてい
所在地 長崎県島原市下の丁1994-1
関連HP 島原市公式ホームページ
電車・バスで 島原鉄道島原駅から徒歩10分
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約40km
駐車場 武者屋敷駐車場(15台/無料)
問い合わせ 島原武家屋敷 TEL:0957-63-1087
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
島原武家屋敷・山本邸

島原武家屋敷・山本邸

長崎県島原市下の丁、島原城の西に位置する島原武家屋敷のひとつが山本邸。山本家(初代・山本佐五左衛門)は三河吉田藩・松平忠利(まつだいらただとし)時代からの深溝松平家の家臣。17石2人扶持で、下級武士ながらの門構えは最後の藩主・松平忠和から許

島原武家屋敷・鳥田邸

島原武家屋敷・鳥田邸

長崎県島原市下の丁、島原城の西に位置する島原武家屋敷のひとつが鳥田邸。深溝松平氏のルーツは、三河国深溝城(愛知県額田郡幸田町深溝)。のちに三河吉田城(現在の豊橋市)の城主となり、徳川家を支えていますが、鳥田家も深溝以来の家臣団のひとつ。三河

島原武家屋敷通り

島原武家屋敷通り

長崎県島原市、島原城下の島原武家屋敷通りは、扶持(ふち=米での給与)取り70石以下の島原藩の下級武士たちの住居が建ち並んだエリア。島原城外郭の西側に位置し、島原藩の徒士屋敷(かちやしき/徒士=下級武士で足軽の上)が下の丁、中の丁、古丁と呼ば

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ