宮前橋

宮前橋

愛知県瀬戸市、深川神社の社前を流れる瀬戸川に架る橋が宮前橋。欄干部分には、江戸時代の陶工の作業風景(陶土掘削から焼成まで)が描かれた染付けの磁器板がはめ込まれており、橋を渡るだけで江戸時代の瀬戸での陶器造りがわかる仕組み。欄干には前川電光作の狛犬も鎮座しています。

欄干で江戸時代の陶工の作業風景を紹介

宮前橋

大正14年8月の豪雨で、瀬戸川に架る木橋はすべて流出、その後、昭和2年にコンクリート橋としての宮前橋が架橋されています。
現在の宮前橋は、昭和28年に改修されたもので、昭和59年に「やきものを使った街づくり事業」の一環として全国にイメージデザインを募集。
欄干全体を磁器質タイルで仕上げ、欄間には、加藤健太郎による江戸時代の陶工の姿を描いた染付磁器板がはめ込まれています。
染付磁器板の縁に椿が配されるのは、瀬戸市の花なので。
瀬戸焼の陶祖・藤四郎を祀る境内社・陶彦社もある深川神社の社前らしい橋になっています。

瀬戸陶磁器青年研修会の制作で、志野を使った50本の柱で高欄が造られた東橋など、瀬戸中心部を流れる瀬戸川の橋はいずれも陶器ギャラリーといった感じです。

宮前橋
名称 宮前橋/みやまえばし
所在地 愛知県瀬戸市末広町
電車・バスで 名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から徒歩8分
ドライブで 東海環状自動車道せと赤津ICから約4km
駐車場 宮前公園駐車場(10台/有料)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
うなぎの田代

うなぎの田代

愛知県瀬戸市、深川神社社前の「宮前地下街」にあるうなぎの店。「地下街」というものの石段の下という意味で地下にはありません。田代のうな丼と「大福屋」の焼きそばが「地下街」の名物。瀬戸には、窯元の職人がスタミナをつけるためのうなぎ屋が数多いが「

陶彦社(深川神社)

陶彦社(深川神社)

愛知県瀬戸市深川町、深川神社の境内社が陶彦社(すえひこしゃ)。瀬戸陶業の始祖、藤四郎(とうしろう=加藤景正)の偉業を称え文政7年(1824年)に創建された社で、4月の第3日曜には『陶祖祭』も行なわれ、その初日には、陶物(すえもの)と呼ばれる

深川神社

深川神社

愛知県瀬戸市深川町にある平安時代編纂の『延喜式神名帳』に記載の古社(式内社)が深川神社。宝亀2年(771年)、藤原氏ゆかりの天津神(あまつかみ=天に住む神々)をこの地に勧請創建という古社で瀬戸の産土神(うぶすながみ)。境内には瀬戸焼の陶祖・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ