浜町アーケード(アーケード国道)

浜町アーケード(アーケード国道)

長崎県長崎市浜町(はまのまち)にある浜町アーケードは、長崎一の繁華街。「浜んまち商店街」の総称で親しまれる長崎浜市商店街ですが、実は、国道324号の旧道扱い。南側に並走する路面電車の走る春雨通りが国道の新道ですが、浜町アーケードもれっきとした国道で、全国に2ヶ所しかないアーケード国道になっています。

『長崎ランタンフェスティバル』会場のひとつ

浜町アーケード(アーケード国道)
『長崎ランタンフェスティバル』開催時のアーケード国道

道路幅6.7mは、荷を積んだ馬車がすれ違える馬車道幅(3間3尺=6m以上)で、道路開通当時のまま。
アーケードの全長は358mで、平成9年にリニューアルされています(アーケード専門の施工会社Fujitakaによるカミムラ式アーケード/カミムラは愛媛県今治市に本社を置き、西日本の商店街アーケードの施工実績でトップシェアを誇ったアーケード専門建設会社で、現在Fujitakaの翼下)。

アーケード街入口にはちゃんと国道の路線番号案内標識が設置されていますが、アーケード内の車両の通行は5:00〜10:00の間のみ可能。
他の時間帯は歩行者専用道路となっていることから、車の通行が困難な「酷道」扱いされることも。

近くには眼鏡橋もあるので、長崎散策の途中に、ぜひお立ち寄りを。
長崎港に寄港する外洋クルーズ船の観光客を目的に、免税店や免税一括カウンターを配置するなど、大型店進出に対抗しての商店街の活性化策も数多く行なっています。

『長崎ランタンフェスティバル』の際には、「浜んまち会場」として、アーケードの天井をランタンが埋め尽くし、吉祥オブジェが多数並びます。
例年、浜町アーケードの「長崎浜屋(浜屋百貨店)」デパート前には縁結びの神様「月下老人」のオブジェが鎮座します。

ちなみに、アーケード国道は、国道324号の浜町アーケードのほかに、国道170号が近鉄奈良線瓢箪山駅前(大阪府東大阪市)でアーケード(サンロード瓢箪山商店街、瓢箪山駅前東商店街)になっています。

名称 浜町アーケード(アーケード国道)/はまのまちアーケード(あーけーどこくどう)
所在地 長崎県長崎市浜町
電車・バスで JR長崎駅から徒歩20分。または、路面電車で浜町アーケード下車、すぐ
ドライブで 長崎自動車道長崎ICから約5km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
長崎ランタンフェスティバル

2020長崎ランタンフェスティバル|長崎市

2020年1月24日(金)~2月9日(日)、長崎県長崎市で『2020長崎ランタンフェスティバル』を開催。長崎に住む華僑の人々が旧正月を祝うために『春節祭』の祭りとして始めたものを平成6年に『長崎ランタンフェスティバル』としてバージョンアップ

眼鏡橋

眼鏡橋

長崎市内を流れる中島川に架かる眼鏡橋は日本で初めてつくられたアーチ型石橋。唐寺である興福寺第2代目住職の黙子如定(もくすにょじょう)が、参詣者のためにと江戸時代初めの寛永11年(1634年)に架けられたといわれ、長さ23m、幅4.5m。国の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ