無窮洞

無窮洞

長崎県佐世保市城間町にある巨大な防空壕が無窮洞(むきゅうどう)。第二次世界大戦中の昭和18年、当時の宮村国民学校(現・宮小学校)の教師と小学生たちが掘削した幅5m、奥行き20m、生徒600人が避難できたという巨大な防空壕で、無窮洞顕彰保存会が管理し、貴重な戦争遺跡として見学することができます。

国民学校の生徒たちが手掘りした巨大防空壕

無窮洞

避難中でも授業、日常生活ができるようにと、石でできた教卓、ローソク立て、水飲み場を備えた教室(幅5m、奥行き19mの主洞部分)、書類室、トイレやかまど、食料倉庫、避難道(らせん階段)、さらには天皇の写真(御真影)を奉ずる御真影部屋まで設けてあり、当時の世相をうかがい知ることができます。
入口は川側で、山へ抜ける非常口は風の通風口にもなっていました。

国民学校4年生以上の高等部の生徒部 (現在の中学生)がツルハシで堀り進み、女子生徒がノミで仕上げ、下級生が土石の排出を担ったといわれ、工事は昭和18年8月~昭和20年8月15日(終戦の日)まで続けられました。
地盤は、凝灰岩なので、かなりの労苦があったと推測できます。

実際に空襲の際に600人の生徒が避難したことがありますが、酸欠状態になったため、農家から唐箕(とうみ)と呼ばれる脱穀した穀物を風選する農具を借り、入口から風を送ったと伝えられています。

「無窮」とは無限、永遠を意味する言葉で、子どもたちの将来を案じて付けた名前だと推測できます。

戦前に佐世保鎮守府、佐世保海軍工廠のあった軍港・佐世保は、アメリカ軍の空爆の対象となり、昭和20年6月28日の佐世保大空襲(市街地は焼け野原になっています)など、大きな被害を受けています。
佐世保駅に近い「とんねる横丁」は、戦時中の防空壕をそのまま生かしてつくられた市場です。


無窮洞は、日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~」の構成資産にもなっています(指定名称は「小首砲台跡・地区司令所跡」)。

無窮洞
名称 無窮洞/むきゅうどう
所在地 長崎県佐世保市城間町3-2
関連HP 佐世保観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR佐世保駅から西肥バス川棚バスセンター行で45分、宮支所入口下車、徒歩3分。または、JRハウステンボス駅から徒歩30分
ドライブで 西九州自動車道佐世保大塔ICから約8.5km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 無窮洞顕彰保存会 TEL:0956-59-2003
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設

長崎県佐世保市の針尾島にある海上保安庁の無線送信所が針尾送信所ですが、巨大な3本の鉄筋コンクリート製の電波塔(針尾無線塔)は大正時代に建てられたもので、旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設の名称で国の重要文化財に指定されています。海軍が建設

旧陸軍佐世保要塞・小首堡塁跡

旧陸軍佐世保要塞・小首堡塁跡

長崎県佐世保市に残る、佐世保要塞時代の砲台跡が旧陸軍佐世保要塞・小首堡塁跡。佐世保に軍港が設置されると、その防衛のため陸軍により佐世保要塞が設置され、明治34年までに佐世保港の入口を守備するために、7ヶ所の砲台が築かれていますが、そのうちの

旧陸軍佐世保要塞・丸出山観測所跡

旧陸軍佐世保要塞・丸出山観測所跡

長崎県佐世保市、俵ヶ浦半島(旧陸軍佐世保要塞俵ヶ浦地区)にの最高部(標高142m)に残る、佐世保要塞時代の砲台・丸出山堡塁に設置された砲戦指揮のために建設された施設の跡が旧陸軍佐世保要塞・丸出山観測所跡。明治34年に建設された佐世保要塞の中

海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)

海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)

長崎県佐世保市上町、海軍士官の会合などに使われていた佐世保水交社。その洋風建築の一部を修復し、新館を増設して平成9年に完成したのがこの海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)。日本の海軍の軌跡とともに、海軍の街として歩んできた佐世保の歴史を詳

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ