旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設

長崎県佐世保市の針尾島にある海上保安庁の無線送信所が針尾送信所ですが、巨大な3本の鉄筋コンクリート製の電波塔(針尾無線塔)は大正時代に建てられたもので、旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設の名称で国の重要文化財に指定されています。

海軍が建設した長波無線通信施設

日本海軍佐世保鎮守府の無線送信所として、大正7年に着工、大正11年に完成。
建設費は、1基あたり30万円、現在の50億円程度と、いかに軍事的に重要な施設だったかがよくわかります。

電波塔の高さは3本とも136mで(基底部は直径12m)、上空から見ると一辺300mの正三角形に配置されていることがわかります。
電波塔の中心に半地下式の電信室(幅41m、高さ13m、奥行き23m)と呼ばれる通信施設が築かれ、この建物も現存しています。
設計は佐世保鎮守府建築科で、工事監督は真島健三郎(日本で最初に鉄筋コンクリート建築物、煙突などの技術を確立)の指導を受けた吉田直(よしだのぶる)が担当。

大正11年の完成から、昭和29年に名古屋テレビ塔が完成するまで、日本一の電波塔だったもの。

昭和23年から第七管区海上保安本部佐世保海上保安部の所管となり、海上自衛隊と共同で使用していますが、大正11年完成の電波塔自体は、平成9年に後継の無線施設が完成し、現在は使われていません。

旧佐世保無線電信所施設は、現存唯一の長波無線通信施設として、歴史的価値が高く、さらに大正時代における最高水準のコンクリート技術を示すものとして、土木技術史上においても重要で、国の重要文化財に指定されています。

一部が公開され、「針尾無線塔保存会」がガイドや管理を行ない、電波塔内部、電信室内部も見学することができます。

スニーカーなどの歩きやすい履物で見学し、見学の際は、「針尾送信所見学の際の注意」をよく読み、見学にあたっては「針尾無線塔保存会」会員の指示に従ってください。

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設は、日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~」の構成資産にもなっています。

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設
名称 旧佐世保無線電信所(針尾送信所)施設/きゅうさせぼむせんでんしんじょ(はりおそうしんじょ)しせつ
所在地 長崎県佐世保市針尾中町
関連HP 佐世保市公式ホームページ
ドライブで 西彼杵道路(西海パールライン有料道路)針尾ICから約2km
駐車場 あり
問い合わせ 佐世保市教育委員会教育総務部文化財課 TEL:0956-24-1111/FAX:0956-25-9682
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
無窮洞

無窮洞

長崎県佐世保市城間町にある巨大な防空壕が無窮洞(むきゅうどう)。第二次世界大戦中の昭和18年、当時の宮村国民学校(現・宮小学校)の教師と小学生たちが掘削した幅5m、奥行き20m、生徒600人が避難できたという巨大な防空壕で、無窮洞顕彰保存会

旧陸軍佐世保要塞・小首堡塁跡

旧陸軍佐世保要塞・小首堡塁跡

長崎県佐世保市に残る、佐世保要塞時代の砲台跡が旧陸軍佐世保要塞・小首堡塁跡。佐世保に軍港が設置されると、その防衛のため陸軍により佐世保要塞が設置され、明治34年までに佐世保港の入口を守備するために、7ヶ所の砲台が築かれていますが、そのうちの

旧陸軍佐世保要塞・丸出山観測所跡

旧陸軍佐世保要塞・丸出山観測所跡

長崎県佐世保市、俵ヶ浦半島(旧陸軍佐世保要塞俵ヶ浦地区)にの最高部(標高142m)に残る、佐世保要塞時代の砲台・丸出山堡塁に設置された砲戦指揮のために建設された施設の跡が旧陸軍佐世保要塞・丸出山観測所跡。明治34年に建設された佐世保要塞の中

東公園・佐世保東山海軍墓地

東公園・佐世保東山海軍墓地

長崎県佐世保市東山町にあるのが、東公園で佐世保東山海軍墓地を整備した都市公園。地元では海軍墓地、東山公園と呼ばれています。明治22年7月1日に開庁した佐世保鎮守府(させぼちんじゅふ)ですが、個人墓、艦船や潜水艦、戦線別の慰霊碑があり、戦死・

海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)

海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)

長崎県佐世保市上町、海軍士官の会合などに使われていた佐世保水交社。その洋風建築の一部を修復し、新館を増設して平成9年に完成したのがこの海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)。日本の海軍の軌跡とともに、海軍の街として歩んできた佐世保の歴史を詳

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ