松浦鉄道・吉田橋梁

松浦鉄道・吉田橋梁

長崎県佐世保市吉井町にある松浦鉄道の橋梁が吉田橋梁。伊万里と佐世保を結ぶ旧伊佐線(松浦線)の施設で、昭和19年4月13日、潜竜駅(現・潜竜ヶ滝駅)〜 肥前吉井駅(現・吉井駅)間の延伸開業に伴って、昭和14年完成したコンクリート造り、5連アーチ橋で国の登録有形文化財に指定されています

昭和14年完成の5連アーチ橋

橋長58m、スパン10mのコンクリート造り、5連アーチ橋。
半円アーチを用いた美しいアーチ橋ですが、吉井駅寄りの4連アーチ橋・吉井川橋同様に、建設当時は戦争中で鉄が不足するために鉄骨の代わりに、竹筋が使われた可能性も。

吉井川橋梁、吉田橋梁、福井川橋梁という3つの橋梁が連続し、官設鉄道時代の技術を伝える貴重な橋梁として3橋梁とも国の登録有形文化財に指定。
戦中から戦後にかけての石炭輸送で活躍し、戦後の復興にも貢献した橋梁です。

松浦鉄道・吉田橋梁
名称 松浦鉄道・吉田橋梁/まつうらてつどう・よしだきょうりょう
所在地 長崎県佐世保市吉井町前岳
ドライブで 西九州自動車道佐々ICから約8km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
松浦鉄道・吉井川橋梁

松浦鉄道・吉井川橋梁

長崎県佐世保市吉井町にある松浦鉄道の橋梁が吉井川橋梁。伊万里と佐世保を結ぶ旧伊佐線(松浦線)の施設で、昭和19年4月13日、潜竜駅(現・潜竜ヶ滝駅)〜 肥前吉井駅(現・吉井駅)間の延伸開業に伴ってに完成したコンクリート造り、4連アーチ橋で国

松浦鉄道・福井川橋梁

松浦鉄道・福井川橋梁

長崎県佐世保市吉井町にある松浦鉄道の橋梁が福井川橋梁。伊万里と佐世保を結ぶ旧伊佐線(松浦線)の施設で、昭和19年4月13日、潜竜駅(現・潜竜ヶ滝駅)〜 肥前吉井駅(現・吉井駅)間の延伸開業に伴って、昭和17年に完成したコンクリート造り、3連

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ