樋口橋

樋口橋

長崎県佐世保市吉井町を流れる佐々川本流に架る2連石造アーチ橋。皇居・二重橋をイメージして大正11年に架橋された優美な石橋です。橋長36.0mは、現役の石橋としては長崎県内最長。幅員6.4mは、馬車がすれ違える幅(6mを確保)となっています。国の登録有形文化財に指定。

大正11年に二重橋をモデルに架橋された石橋

初代の樋口橋は明治22年に架橋の土橋ですが、大正に入り腐朽したため、現存する2連石造アーチ橋が架けられています。
長崎県道40号(佐世保吉井松浦線)の橋で、気づかずに渡ってしまうこともありますが、

佐々川本流は、小石が水流で回転し、長い年月をかけ徐々に穴が大きく深くなったポットホール(pot hole=甌穴)で有名ですが、樋口橋から川を見下ろすと、ポットホールが確認できます。

樋口橋のすぐ上流には、松浦鉄道の鉄道橋で、昭和19年に架橋されたコンクリート造る・4連アーチ橋の吉井川橋梁があり、国の登録有形文化財に指定されています。

樋口橋
名称 樋口橋/ひぐちばし
所在地 長崎県佐世保市吉井町大渡・吉井町立石
電車・バスで 松浦鉄道吉井駅から徒歩5分
ドライブで 西九州自動車道佐々ICから約7km
問い合わせ 佐世保市観光課 TEL:0956-24-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
松浦鉄道・吉井川橋梁

松浦鉄道・吉井川橋梁

長崎県佐世保市吉井町にある松浦鉄道の橋梁が吉井川橋梁。伊万里と佐世保を結ぶ旧伊佐線(松浦線)の施設で、昭和19年4月13日、潜竜駅(現・潜竜ヶ滝駅)〜 肥前吉井駅(現・吉井駅)間の延伸開業に伴ってに完成したコンクリート造り、4連アーチ橋で国

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ