瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館

瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館

岡山県瀬戸内市牛窓町の前島フェリーが発着する牛窓港にある観光案内所が瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館。瀬戸内市内の特産品を揃えた特産品販売コーナー、パンフレットなどを設置した観光情報コーナーがあるほか、レンタサイクルも用意されています。

牛窓港、フェリー乗り場前にある観光センター

瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館の目の前には前島行きのフェリー乗り場があり、牛窓の観光拠点になっています。
瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館裏手(山側)の通りが、しおまち唐琴通り。
風待ち、潮待ちの港として栄えた牛窓のレトロな町並みが残された通りで、周辺に本蓮寺、御茶屋跡(朝鮮通信使の接待場跡)、旧中國銀行牛窓支店(現・街角ミュゼ牛窓文化館/大正4年築)、牛窓燈籠堂跡(唐琴の瀬戸に面して建つ灯明台)など、伝統的建造物や史跡が点在しています。

瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館
名称 瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館/せとうちしかんこうせんたーせとうちきらりかん
所在地 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3031-2
電車・バスで JR邑久駅から両備バス牛窓行きで15分、牛窓下車、徒歩1分
ドライブで 岡山ブルーライン邑久ICから約7.5km
駐車場 4台/無料
問い合わせ 瀬戸内市観光センター瀬戸内きらり館 TEL:0869-34-5250
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
前島フェリー

前島フェリー

岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓、牛窓港と眼前にある前島を結ぶ定期カーフェリーが前島フェリーで、瀬戸内市緑の村公社が運航。所要時間5分という短いクルーズで、毎時1~3本が運航。就航する船は、「まえじま丸」(130t)、「第7からこと」(197t)の

街角ミュゼ牛窓文化館(旧中國銀行牛窓支店)

街角ミュゼ牛窓文化館(旧中國銀行牛窓支店)

岡山県瀬戸内市牛窓町、レトロな家並みが残る牛窓のしおまち唐琴通り沿いにあるのが街角ミュゼ牛窓文化館。旧中國銀行牛窓支店の建物(国の登録有形文化財)を再生したもの。牛窓はかつて瀬戸内海屈指の貿易港として栄えた町で、その名残をとどめる建築物の代

牛窓海遊文化館

牛窓海遊文化館(旧牛窓警察署本館)

岡山県瀬戸内市牛窓町、風待ち湊、潮待ち湊としての歴史を有する牛窓港に建つ展示資料館が、牛窓海遊文化館。敷地は肥後藩が参勤交代で利用した宿舎跡。そして白壁漆喰のレトロな建物は、明治20年築の旧牛窓警察署本館(建築当初は西大寺警察署牛窓分署)で

しおまち唐琴通り

牛窓・しおまち唐琴通り

岡山県瀬戸内市牛窓町、播磨灘に臨み西廻り航路、朝鮮通信使の風待ち、潮待ちの港として栄えた牛窓。「牛窓千軒」とも称された牛窓の繁栄を今に伝える通りが、しおまち唐琴通りです。古き家並みは、唐琴の瀬戸と呼ばれる海峡部に沿って、関町から東町(関町・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ