残波岬灯台

残波岬灯台

沖縄本島、沖縄県読谷村(よみたんそん)の残波岬突端に建つ、昭和49年初点灯の白亜の灯台が残波岬灯台。南西諸島随一の高さ(31m)を誇り、99段の階段と、ハシゴで灯火部分まで上ることのできる参観灯台になっています。海面から灯火部分までは44m。急ならせん階段で灯火部分に上れば、東シナ海を一望にします。

灯火部分から東シナ海眺望の参観灯台

残波岬灯台

晴れていれば粟国島、渡名喜島、久米島を眺望。
残波岬は、航海の安全、武運長久を祈る拝所「西ノ神之屋」(イリヌカミヌヤー)がある場所で、東ノ神之屋(アガリヌカミヌヤー)と対を成し、東西の神之屋は、芝生の道(神の道)でつながっていました。
今も灯台近くに西ノ神之屋が現存しています。

設置が昭和49年と比較的に新しいのは戦後、アメリカ軍の実弾演習場となっていたから。
併設の灯台資料展示室では日本の灯台のと歴史や素材・形などを紹介しています。

残波岬灯台
西ノ神之屋
名称 残波岬灯台/ざんぱみさきとうだい
所在地 沖縄県中頭郡読谷村宇座
関連HP 燈光会公式ホームページ
電車・バスで 那覇バスターミナルから琉球バス・沖縄バス残波岬行きで1時間30分、残波岬下車、徒歩5分
ドライブで 沖縄自動車道石川ICから約14.5km
駐車場 残波岬公園駐車場(270台/無料)
問い合わせ 残波岬支所 TEL:098-958-3041
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
残波岬

残波岬

残波岬は、沖縄本島中部の読谷村(よみたんそん)にある岬。東シナ海に突き出した岬は、サンゴが隆起してできた高さ30m〜40mの琉球石灰岩の岬で、ごつごつとした断崖が2kmに渡って続いています。岬の突端には、白亜の残波岬灯台が建ち、紺碧の海との

残波岬公園

残波岬公園

沖縄本島・読谷村(よみたんそん)の景勝地、残波岬(ざんぱみさき)周辺の海岸台地を整備した園地が残波岬公園。朝貢使節として琉球で初めて明国北京へ渡った泰期(中山王・察度の弟)の像、朝貢船の実物大模型、遊具、乳幼児専用遊び場、巨大なシーサー像、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ