伊波城(伊波貝塚)

伊波城(伊波貝塚)

沖縄県うるま市石川、石川市街、石川港を見下ろす標高87.2mの丘に位置する単郭式の城(グスク)が伊波城(いはぐすく)。城郭内からは、中国産の青磁や白磁、三彩陶器・褐釉陶器・染付・南島産の須恵器などが出土し、伊波按司の交易の広さがうかがい知れます。沖縄貝塚時代の土器も出土し、伊波貝塚は国の史跡になっています。

伊波按司の交易を示す陶磁器も出土

北山王で、今帰仁城(なきじんぐすく)城主・仲宗根若按司が怕尼芝(はにじ=後に後北山王を称し、北山王国の初代国王に)に討たれ、八男の今帰仁王子(後の伊覇按司一世)が琉球石灰岩の丘の上に築城した城。
築城は13世紀~14世紀と推測され、16世紀に5代目の伊波按司が首里へ移転したことから廃城となっています。

野面積みの城壁が残され、北側は石灰石の断崖に。
丘陵頂上直下(城跡の東側)の岩陰にある厚さ60cmもの層となる伊波貝塚は、南島先史文化を考えるうえで重要な遺跡で国の史跡、伊波城は、沖縄県の史跡文化財に指定されています。

御嶽(うたき)として崇められ、城内には中森城之嶽(火の神)、森城之嶽、三ッ森城之嶽(ウフアガリ=東の涯ての遙拝所)の3ヶ所の拝所(うがんじゅ)があります。

ちなみに伊波の地名は、慶長15年(1610年)の薩摩藩の『検地帳』(慶長検地)では、伊覇村と記されていますが、1737年に琉球王府が行なった元文検地の『検地帳』では伊波村と記されています。
現在は伊波と表記していますが地元では「いふぁ」と呼んでいます。

名称 伊波城(伊波貝塚)/いはぐすく・いはじょう(いはかいづか)
所在地 沖縄県うるま市石川伊波
関連HP うるま市公式ホームページ
ドライブで 沖縄自動車道石川ICから約3km、沖縄北ICから約6.5km
駐車場 3台/無料
問い合わせ うるま市教育部文化財課 TEL:098-923-7182/FAX:098-923-7674
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
今帰仁城

今帰仁城

今帰仁城(なきじんじょう/なきじんぐすく)は、平成12年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されたグスクのひとつで沖縄本島北部の本部半島、今帰仁村(なきじんそん)にある中世の城。琉球が中山に統一される前の三山鼎立時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ