新潟みなとトンネル自転車歩行者道

新潟みなとトンネル自転車歩行者道

信濃川河口部は新潟港の一部になっていますが、その海に出る直前、新潟港の入出港を管制する新潟海上保安部新潟信号所の建つ新潟市中央区海辺町(新潟島)と対岸の東区臨海町を結ぶ新潟みなとトンネルには人道(自転車歩行者道)が設置されている。この海底トンネルの正式名は新潟港臨港道路入舟臨港線(総延長3260m)。

信濃川の河口部を東西に横断する海底(川底)トンネル

新潟みなとトンネル自転車歩行者道
新潟みなとトンネル自転車歩行者道

新潟みなとトンネル自転車歩行者道の内部

新潟みなとトンネル自転車歩行者道

換気塔を利用した山の下みなとタワー

一番低い所では、路面の高さで水面下24mの海底(川底)散歩の状態となります。
もちろん車道も通っていますが、人道(自転車歩行者道)は、車道と区分されて設置されているので、安全、快適に歩行することができます。
新潟島側の「入船みなとタワー」、対岸の「山の下みなとタワー」は、実はこの海底(川底)トンネルの換気塔。
換気用の3本の煙突を囲うようにタワーが築かれ、最上階(7階、27m)は展望室に。
実は新潟みなとトンネル自転車歩行者道の入口はこのみなとタワーで、地下3階の人道(自転車歩行者道)へとエレバーターで下る仕組み。

山の下みなとタワーには隣接して、大型遊具を揃えた公園「山の下みなとランド」が整備されています。

ちなみにこの新潟みなとトンネル自転車歩行者道、「夏は涼しく冬は暖かい全天候型のウォーキング・ジョギングコース」(新潟地域振興局新潟港湾事務所)とのこと。

新潟みなとトンネル自転車歩行者道 DATA

名称 新潟みなとトンネル自転車歩行者道/
にいがたみなととんねるじてんしゃほこうしゃどう
所在地 新潟県新潟市中央区海辺町1番町3781-1
電車・バスで JR新潟駅万代口バスターミナルから山の下経由北葉町行で、山の下または臨港町下車、徒歩約2分で山の下みなとタワー
ドライブで 日本海東北自動車道新潟東スマートICから約8.7kmで山の下みなとタワー
常磐自動車道新潟中央ICから約10kmで入船みなとタワー
駐車場 山の下みなとランド駐車場(60台)・入船みなとタワー駐車場(60台)/無料
問い合わせ 新潟地域振興局新潟港湾事務所 TEL:025-247-9131/FAX:025-241-1963
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材・画像協力/新潟県観光協会、新潟観光コンベンション協会

海底を歩く! 海底トンネル人道 全5ヶ所紹介

2018.05.05

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ