宍道湖

宍道湖

島根県松江市と出雲市にまたがる湖が宍道湖(しんじこ)。大橋川、中海(なかうみ)、境水道を通して日本海と接続するため塩分があり、汽水湖の分類。湖面面積79.25平方キロは、国内で7番目の巨大な湖ということに。漁業資源に恵まれ、「宍道湖七珍」(しんじこしっちん)で有名。湖の東岸は松江市街で、松江しんじ湖温泉が観光の基地になっています。

嫁ヶ島に沈む夕日を見物しよう!

宍道湖唯一の島が松江沖の嫁ヶ島(よめがしま)。
嫁ヶ島に落ちる夕日も美しく、湖岸を走る国道9号沿いに整備された袖師公園(そでしこうえん)、その北側、島根県立美術館前の岸公園あたりが夕景を眺めるビューポイントになっています。

内陸にありますが、中海(なかうみ)同様にかつては入江だったという海跡湖です。

湖岸にはヨシが生育し、キンクロハジロ2万羽の越冬地として知られ、宍道湖国指定鳥獣保護区(集団渡来地)としてラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)の登録湿地にもなっています。

宍道湖の北岸には松江しんじ湖温泉と出雲大社を結ぶ一畑電車(いちばたでんしゃ)が通り、途中には「花と鳥の楽園」松江フォーゲルパークがあります。

宍道湖の自然に関しては、「島根県立宍道湖自然館ゴビウス」(出雲市)で学ぶことができるほか、宍道湖西岸にある野鳥観察舎が整備された「宍道湖グリーンパーク」でバードウォッチングが可能です。

湖上遊覧は、宍道湖遊覧船「はくちょう」が松江市街の大橋川沿いの第1乗船場、第2乗船場から出航、嫁ヶ島などを周遊します。
シジミ漁を間近で見る「爽朝クルージング」も実施。

「宍道湖七珍」とは!?

宍道湖で獲れるスズキ(3月~12月)、モロゲエビ(ヨシエビ)、ウナギ(4月~12月)、アマサギ(ワカサギ/10月15日~3月)、シラウオ(11月15日〜5月)、コイ(2月前後が美味)、シジミ(ヤマトシジミ)の7種が「宍道湖七珍」(頭文字をとって「すもうあしこし」)。
とくにシジミは有名で、シジミ漁(手掻き、機械掻き)の船を目にすることもできます。
シジミの旬は、産卵のために身が肥えた7月前後と1月~3月の厳冬期の「寒シジミ」。
宍道湖漁業協同組合では直売所でも販売しています。

宍道湖
宍道湖七珍
名称 宍道湖/しんじこ
所在地 島根県松江市・出雲市
関連HP 松江観光協会公式ホームページ
ドライブで 山陰自動車道松江東IC、松江玉造IC、宍道ICなど利用
問い合わせ 松江観光協会 TEL:0852-27-5843/出雲観光協会 TEL:0853-53-2112
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

嫁ヶ島(宍道湖夕日スポット)

宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島は、湖に落ちた若い嫁とともに浮かび上がったと伝えられる伝説の島。夕日の美しさで知られる宍道湖ですが、その湖畔のなかでも一等地というのが国道9号沿いの宍道湖夕日スポットあたり。眼前に浮かぶ嫁ヶ島がシルエットとなり夕景にアク

宍道湖グリーンパーク

宍道湖グリーンパーク

宍道湖グリーンパークは宍道湖(しんじこ)の西岸、島根県出雲市の斐伊川の河口にある1.6haの自然公園。周辺は、マガン、ヒシクイ、コハクチョウの集団越冬地で、西日本最大の野鳥の宝庫として知られています。園内は自然の植生を中心に、約5500本の

島根県立宍道湖自然館ゴビウス

島根県立宍道湖自然館ゴビウス

島根県立宍道湖自然館ゴビウスは宍道湖の西岸、島根県出雲市にある宍道湖、中海、島根の河川の自然を解説するミュージアム。島根の汽水と淡水域に生息する生き物の生態を楽しみながら、学ぶことができる体験学習型施設で、「もっと知ろう ふるさとの自然 親

松江湖畔公園・岸公園

松江湖畔公園・岸公園

島根県松江市、宍道湖東岸に位置するの緑地公園は松江湖畔公園と総称されていますが、袖師町にある岸公園は島根県立美術館の湖畔側にあり、手頃に夕日を眺められるスポットとして人気の場所。巨大な白御影の石柱2本の間に反り橋を配置したモニュメント「風門

面積の大きい湖 TOP10

面積の大きい湖 TOP10

日本最大の湖といえば琵琶湖ですが、では2番目というと、正解率は一気に下がります。東海地区の人は、浜名湖はベスト5入りしていると確信していますが、実は浜名湖は10位。大きさ順にいえば、琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖、猪苗代湖、中海、屈斜路湖、宍道湖

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ