大宝館(大寶館)

大宝館(大寶館)

山形県鶴岡市の鶴岡公園にあるレトロな洋館が大宝館(大寶館)。大正4年、大正天皇の即位を記念して建てられた擬洋風建築で開館当初は物産陳列場、戦後は市立図書館として利用され、現在は、明治の文豪・高山樗牛(たかやま ちょぎゅう)や日本のダ・ヴィンチといわれた博物学者・松森胤保(まつもりたねやす)など、鶴岡ゆかりの人物の資料を展示。

大正初期の擬洋風建築・バロック様式の建物

大宝館(大寶館)

大正4年11月10日、大正天皇即位の礼の日に開館した大宝館(大寶館)。
木造2階建て、擬洋風、バロック様式の建物です。
建築当初は物産陳列所などに活用され、戦時中は空襲を避けるため黒塗りにされていたとか。
昭和24年に白塗りに戻され、昭和26年〜昭和60年までは、鶴岡市立図書館として活用されていました。
昭和63年から鶴岡ゆかりの人物資料展示施設として一般公開されています。
鶴岡市の有形文化財に指定されています。

館内には「高山樗牛誕生の間」もありますが、これは高山樗牛の生家から部分移築されたもの。
高山樗牛は、明治4年1月10日に鶴岡に生誕。

大宝館(大寶館)
高山樗牛誕生の間
名称 大宝館(大寶館)/たいほうかん
所在地 山形県鶴岡市馬場町4-7
関連HP 大宝館公式ホームページ
電車・バスで JR鶴岡駅から庄内交通バス市内循環Aコースで10分、市役所前下車、すぐ
ドライブで 山形自動車道鶴岡ICから約3.5km
駐車場 鶴岡公園駐車場(150台/無料)
問い合わせ 大宝館管理事務室 TEL:0235-24-3266
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鶴岡冬まつり (ライトアップ)

鶴岡冬まつり (ライトアップ)|鶴岡市|2019-2020

2019年10月1日(火)~2020年 2月29日(土)、山形県鶴岡市で『鶴岡冬まつり イルミネーションとライトアップ』を開催。鶴岡の冬の思い出をモチーフに作曲された中田喜直の名曲が『雪の降るまちを』。鶴岡冬まつりの一環として、冬まつりの期

鶴岡公園(鶴ヶ岡城跡)

鶴岡公園は鶴ヶ岡城跡に整備された公園。鶴ヶ岡城は三重に堀を巡らせた平城で、藩政時代に庄内地方を治めていた庄内藩(荘内藩)酒井家14万石の居城。明治8年に廃城となり、本丸と二の丸が鶴岡公園として整備されています。「日本さくら名所100選」、「

旧鶴岡警察署庁舎(致道博物館)

旧鶴岡警察署庁舎(致道博物館)

明治17年11月、初代の山形県令・三島通庸(みしまみちつね)の命により馬場町に完成したのが鶴岡警察署庁舎。昭和32年に酒井家が無償で提供した現在の地に移され、現在は、財団法人致道博物館の事務所棟として使用されています。明治初期の貴重な擬洋風

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ