日本銀行大阪支店

大阪市役所の向かい側に建つ明治36年築の美しい洋館で国の重要文化財に指定されるのが日本銀行大阪支店(旧館)。花崗岩を築き上げた石造りで、設計は東京駅などの設計で知られる辰野金吾とその後輩の葛西万司(かさいまんじ)です。落成時に押し寄せた見物客は、石造りの重厚な建物に驚愕し、「石の家」と名付けたと伝えられます。

ベルギーの国立銀行がモデルの明治の銀行建築

明治36年は、辰野金吾と葛西万司が辰野葛西設計事務所を設立した年。
葛西萬司は日本銀行の技師だったこともあって、日本銀行大阪支店の設計に携わりました。

中央にドーム型の屋根をのせ、両脇に三角屋根(四角すい)を組み合わせた形はベルギー国立銀行をモデルにしたもの。
屋根が薄緑色に見えるのは、塗装ではなく銅板が酸化し緑青(ろくしょう)が出たため。

角柱と丸柱の混用した玄関部分のイオニア式柱頭飾りの重厚な装飾は、バロック調。
外壁は、建設当初はレンガ壁に花崗岩を積んだものでしたが、現在では改修されレンガ壁部分を鉄筋コンクリートに置き換えています(昭和55年~57年に大改修が行なわれています)。

少し汚れた感じがするのは、戦時中に空襲を避けるために塗られた薄墨のためだとか。

日本銀行大阪支店は、事前予約制(2週間前までに電話予約/日本銀行大阪支店営業課 TEL06-6206-7742)で無料で見学が可能。
新館の窓口エリア「営業室」、旧館内部の「記念室」や「展示コーナー」、1億円(模擬券)の重さの「体験コーナー」などを見学し、日本銀行の役割や業務を学ぶことができます(小学4年生以上が参加可能で、小学生は保護者または引率者の方の同伴が必要)。

江戸時代には島原藩大阪蔵屋敷があった場所で、明治初期には日本最初の郵便局である「郵便役所」が置かれていました。
日本銀行大阪支店が開設されたのは明治15年12月のこと。

 

日本銀行大阪支店 DATA

名称 日本銀行大阪支店/にほんぎんこうおおさかしてん
所在地 大阪府大阪市北区中之島2-1-45
関連HP 日本銀行大阪支店公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄淀屋橋駅、京阪電車中之島線大江橋駅からすぐ。
ドライブで 阪神高速道路環状線北浜ランプからすぐ
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:06-6202-1111(代表)/見学申込TEL:06-6206-7742
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ