高麗家住宅

高麗家は高麗神社の神職を代々務めてきた旧家。高麗王(こまのこにきし)という氏姓をヤマト王権から賜った高句麗(コグリョ)からの帰化人・高麗若光(こまのじゃっこう)を祖にする一族で、神職を勤める高麗神社の境内に建つのが慶長年間(1596年~1615年)築で国の重要文化財に指定される高麗家住宅。

高麗神社神職が住んだ江戸時代初めの住居が現存

茅葺きの入母屋造りの建物で、土間と4つの部屋で構成されています。
大黒柱(棟持柱)がなく、細い柱で梁を支えているのが特徴。
また、間口の割に奥行きが深く、作業の必要性が少ないためか一般農家より土間が狭くなっています。

内部見学を希望の場合は事前に高麗神社社務所まで問い合わせが必要。

高麗家住宅 DATA

名称 高麗家住宅/こまけじゅうたく
所在地 埼玉県日高市新堀850
関連HP 高麗神社公式ホームページ
電車・バスで JR高麗川駅から徒歩20分
ドライブで 圏央道狭山日高ICから約7.5km
駐車場 高麗神社駐車場(150台/無料)を利用
問い合わせ 高麗神社社務所TEL:042-989-1403/FAX:042-985-2794
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高麗神社

2017.10.30
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ