時田蔵

時田蔵

埼玉県行田市、行田の足袋産業全盛期を象徴する店蔵のひとつが時田蔵。明治36年築と大正初期頃建設の2棟の土蔵造りの足袋蔵で、外観のみ見学可能。行田では珍しい表通りに面した袖蔵形式の土蔵で、日本遺産「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」の構成資産にもなっています。

「かるた足袋」で知られる時田啓左衛門商店の蔵

かるたの絵柄を使った「かるた足袋」、さらに「さくら都足袋」、「神武足袋」の商標で知られる時田啓左衛門商店の蔵で、通りに面した板張りの蔵は、大正初期頃の築と推測されています。
左側に並ぶ和洋折衷住宅は昭和15年〜16年の建築。
時田蔵は製造された足袋を保管する保管庫です。

明治28年創業という老舗の時田啓左衛門商店は、足袋産業の衰退を背景に、昭和33年頃に足袋の販売・製造を断念。
当主は現在、コンビニエンスストアを営んでいます。

名称 時田蔵/ときたぐら
所在地 埼玉県行田市忍2-5-25
電車・バスで 秩父鉄道行田市駅から徒歩5分
ドライブで 関越自動車道花園ICから約24km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧小川忠次郎商店(忠次郎蔵)

旧小川忠次郎商店(忠次郎蔵)

埼玉県行田市、行田の足袋産業全盛期を象徴する建物のひとつが旧小川忠次郎商店。現在、そば店「忠次郎蔵」として再生される店蔵は、行田市内では5棟だけとなった、本格的な蔵造りの店舗で、国の登録有形文化財。大正13年頃に建築工事が始まり、昭和4年頃

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ