武蔵野銀行行田支店

武蔵野銀行行田支店

埼玉県行田市、「十万石ふくさや行田本店」、「足袋とくらしの博物館」などのある市街中心地に建つのが武蔵野銀行行田支店。昭和9年6月に忍貯金銀行(おしちょきんぐんこう)本店として建築されたレトロな銀行建築で、外壁はスクラッチタイル張り。国の登録有形文化財に指定されています。

足袋産業で繁栄を背景に、行田の中心街に建てられた銀行建築

武蔵野銀行行田支店

鉄筋コンクリート造り、2階建ての銀行建築は、現役の銀行(武蔵野銀行)として使用され、道路に面して吹き抜けの営業室が配されています。
装飾もなかなか凝っていて、縄編み模様のコーニス(洋風建築の軒と壁の頂部に帯状に取り巻く装飾)は石に見せたカストストン(人造石)。

前身は明治30年に開業した忍貯金銀行。
昭和29年に創業した忍商業銀行の子会社で(忍商業銀行本店は、現在の埼玉りそな銀行行田支店)、足袋産業で繁栄する行田で、小口の預金を集めるために市街地の中心に本店を設けたもの。
頭取は、忍商業銀行の専務取締役が兼任していました。

忍貯金銀行は、大正8年に桶川貯蓄銀行を合併、昭和18年、戦時下の銀行統合で、埼玉県下4銀行が合併し、埼玉銀行になっています。

戦時中に行田足袋元売販売株式会社が建物を買取、戦後、足袋会館(足袋組合の会館)として使われ商工会議所の事務所が置かれていましたが(行幸で昭和天皇も訪れています)、昭和44年以降、武蔵野銀行行田支店として使われています。

日本遺産「足袋蔵のまち行田」の構成資産

日清戦争(明治28年〜明治29年)後、国内は好景気に沸きますが、行田の足袋産業も恩恵を受け発展します。
ちょうどそんな時代に開業したのが忍商業銀行と、その系列の忍貯金銀行です。

それまで、地元資本の銀行がなかった行田では、利益を群馬や長野に吸い上げられるという事態が生じており、地元の大地主たちも参加して、銀行が設立したのです。
行田の足袋産業は、最盛期の昭和13年~昭和14年に最盛期を迎え、全国の約8割の足袋を生産する日本一の産地となっていますが、その繁栄を今に伝える銀行建築が、この武蔵野銀行行田支店といえるのです。

そうした背景を受け、武蔵野銀行行田支店の店舗は、日本遺産「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」の構成資産にもなっています。

武蔵野銀行行田支店
名称 武蔵野銀行行田支店/むさしんぎんこうぎょうだしてん
所在地 埼玉県行田市行田4-5
関連HP 武蔵野銀行公式ホームページ
電車・バスで 秩父鉄道行田市駅から徒歩5分
ドライブで 関越自動車道花園ICから約24km
問い合わせ 武蔵野銀行行田支店 TEL:048-556-3195
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
時田蔵

時田蔵

埼玉県行田市、行田の足袋産業全盛期を象徴する店蔵のひとつが時田蔵。明治36年築と大正初期頃建設の2棟の土蔵造りの足袋蔵で、外観のみ見学可能。行田では珍しい表通りに面した袖蔵形式の土蔵で、日本遺産「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」

足袋とくらしの博物館

足袋とくらしの博物館

埼玉県行田市にある明治・大正時代に機械化が進み、そして昭和に生産の最盛期を迎えた行田の足袋産業を紹介するミュージアムが足袋とくらしの博物館。「力弥足袋」の商標で知られた足袋製造卸商・牧野本店の大正11年築の木造洋風工場を再生し、NPO法人ぎ

旧小川忠次郎商店(忠次郎蔵)

旧小川忠次郎商店(忠次郎蔵)

埼玉県行田市、行田の足袋産業全盛期を象徴する建物のひとつが旧小川忠次郎商店。現在、そば店「忠次郎蔵」として再生される店蔵は、行田市内では5棟だけとなった、本格的な蔵造りの店舗で、国の登録有形文化財。大正13年頃に建築工事が始まり、昭和4年頃

牧野本店

牧野本店

埼玉県行田市にある足袋全盛時代の歴史を伝える店蔵が、牧野本店。「力弥足袋」の商標で知られた足袋製造卸商で、裏手にある大正11年築の木造洋風工場は、「足袋とくらしの博物館」として活用されています。牧野本店店蔵は、行田随一の豪勢な店蔵として、行

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ