霧ヶ谷津池(鐘撞堂山ふるさとの森)

霧ヶ谷津池(鐘撞堂山ふるさとの森)

埼玉県深谷市、鐘撞堂山(かねつきどうやま/329.8m)の東面に広がる鐘撞堂山ふるさとの森にある農業用の溜池が、霧ヶ谷津池(きりがやついけ)。池面の標高は162mで、古峯神社を経て鐘撞堂山に至る西コース登山道も整備されています。霧ヶ谷津池の周囲には桜が植栽され、春の開花期には見事です。

農業用の溜池ですが、自然湖のような雰囲気

霧ヶ谷津池(鐘撞堂山ふるさとの森)

鐘撞堂山の周辺の35haが整備されたのが、鐘撞堂山ふるさとの森。
その中心にある霧ヶ谷津池は、北武蔵用水土地改良区が管理する農業用溜池で、貯水量は2万5000立方メートル。
現地には谷津池という表示もありますが、まさに谷津(台地に谷が入り込む地形)を利用した堰き止め湖ということに。

森林を保全し、レクリエーションに利用されるよう整備した里山で、保健保安林に指定されています。
鐘撞堂山は、秩父山系の東端に位置するので、まさに霧ヶ谷津池は秩父の豊かな自然の最東端ということに。
それが証拠に、令和になってからも鐘撞堂山ではツキノワグマの目撃例も。

霧ヶ谷津池(鐘撞堂山ふるさとの森)
名称 霧ヶ谷津池(鐘撞堂山ふるさとの森)/きりがやついけ(かねつきどうやまふるさとのもり)
所在地 埼玉県深谷市武蔵野
関連HP 深谷市公式ホームページ
電車・バスで 秩父鉄道桜沢駅から徒歩30分
ドライブで 関越自動車道花園ICから約6km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 深谷市農業振興課 TEL:048-577-3298/FAX:048-578-7614
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鐘撞堂山

鐘撞堂山

埼玉県大里郡寄居町と深谷市の境に位置し、南は荒川に臨む標高329.8mの山が鐘撞堂山。東の山腹、深谷市側には霧ヶ谷津池を中心に鐘撞堂山ふるさとの森が広がっています。また西麓には円良田湖があり、登山の起点にもなっています。鉢形城の見張り場とし

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ