喜多院(川越大師)・慈眼堂

喜多院(川越大師)・慈眼堂

埼玉県川越市、円仁(慈覚大師)が創建という名刹、喜多院(川越大師)。五百羅漢像が有名ですが客殿、書院、庫裏、慈眼堂、鐘楼門、山門などが国の重要文化財に指定と、文化財の宝庫。慈眼堂は、厨子に入った天海僧正の木造が安置される天海の廟所で、正保2年(1645年)の建立。

喜多院住持を務めた天海僧正の廟所

喜多院(川越大師)・慈眼堂

徳川家康の側近として活躍し、江戸の都市計画に関わり、家康が自身の没した後の神号や葬儀に関する遺言を託したのが、喜多院住持の天海。
2代将軍・徳川秀忠、3代将軍・徳川家光に仕え、寛永寺を創建し、寛永寺で、寛永20年10月2日(1643年11月13日)没。

天海は、慈眼大師(じげんだいし)の諡号(しごう)を送られ、2年後の正保2年(1645年)、徳川家光の命によって喜多院に、慈眼堂が建立されています。
これが現存する慈眼堂で、単層方形造り(ほうぎょうづくり)、本瓦葺き。

7世紀初頭に築かれた仙波古墳群の1基、慈眼堂古墳(墳丘長45mの前方後円墳)の上に建っています。

天海僧正の廟所は、喜多院(川越大師)のほか、ゆかりの深い日光山輪王寺の慈眼堂、織田信長の比叡山焼き討ち後の延暦寺の復興に尽力したということで、恵日院(滋賀県大津市坂本)の慈眼堂(比叡山延暦寺所有)、東叡山寛永寺の開山堂(両大師)と4ヶ所あります。

喜多院(川越大師)・慈眼堂
喜多院(川越大師)・慈眼堂
名称 喜多院(川越大師)・慈眼堂/きたいん(かわごえだいし)・じがんどう
所在地 埼玉県川越市小仙波町1-20-1
関連HP 川越大師 喜多院公式ホームページ
電車・バスで 西武新宿線本川越駅から徒歩20分
ドライブで 関越自動車道川越ICから約4km
駐車場 明星駐車場(120台/有料)、1月3日休
問い合わせ 喜多院拝観寺務所 TEL:049-222-0859
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

喜多院(川越大師)

830(天長7)年、慈覚大師・円仁(えんにん)により創建された古刹が喜多院(川越大師)。1296(永仁4)年、伏見天皇が尊海僧正に再興を命じ、慈恵大師(元三大師)を祀って関東天台の中心的な存在となりました。さらに1599(慶長4)年、27世

喜多院(川越大師)・山門

喜多院(川越大師)・山門

埼玉県川越市、円仁(慈覚大師)が創建という名刹、喜多院(川越大師)。五百羅漢像が有名ですが客殿、書院、庫裏、慈眼堂、鐘楼門、山門などが国の重要文化財に指定と、文化財の宝庫。山門は、棟札から寛永9年(1632年)、天海僧正により建立されたこと

喜多院(川越大師)・鐘楼門

喜多院(川越大師)・鐘楼門

埼玉県川越市、円仁(慈覚大師)が創建という名刹、喜多院(川越大師)。五百羅漢像が有名ですが客殿、書院、庫裏、慈眼堂、鐘楼門、山門などが国の重要文化財に指定と、文化財の宝庫。一見すると鐘撞堂のような鐘楼門は、寛永10年(1633年)、仙波東照

喜多院(川越大師)・庫裏

喜多院(川越大師)・庫裏

埼玉県川越市、円仁(慈覚大師)が創建という名刹、喜多院(川越大師)。五百羅漢像が有名ですが客殿、書院、庫裏(くり)、慈眼堂、鐘楼門、山門などが国の重要文化財に指定と、文化財の宝庫。客殿と書院に渡り廊下でつながる庫裏は、現在は拝観の入口になっ

喜多院(川越大師)・五百羅漢

喜多院(川越大師)・五百羅漢

埼玉県川越市にある、円仁(慈覚大師)創建と伝えられ、家康・秀忠・家光の徳川3代に仕えた天海大僧正ゆかりの名刹が、喜多院(川越大師)。境内にある五百羅漢は、天明2年(1782年)〜文政8年(1825年)の50年間にわたって建立されたもので、5

仙波東照宮

1616(元和2)年に没した徳川家康の法要は、久能山から日光山輪王寺に改葬される際の1617(元和3)年3月23日〜26日に川越の喜多院で執り行なわれています。その際に、後水尾天皇から東照大権現の勅額が下賜されていますが、それに伴って喜多院

日枝神社 (川越市)

830(天長7)年、円仁(慈覚大師)が無量寿寺(喜多院)を創建した際に、その鎮守として、860(貞観2)年に近江・坂本の山王権現(日吉山王社)を勧請して創建したという古社。天台宗・延暦寺の守護神として尊崇された山王権現を川越にも祀ったもの。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ