七曲井

七曲井

埼玉県狭山市北入曽、同じ狭山市内の堀兼之井とともに、歌枕「ほりかねの井」の地とも推測されるのが、七曲井(ななまがりのい)。すり鉢の形をした巨大な井戸で、武蔵野台地や伊豆諸島にある「まいまいず井戸」(まいまい=カタツムリで、螺旋状に付けられた井戸へと下る道からの命名)の一種。

歌枕「ほりかねの井」とも推測できる「まいまいず井戸」

昭和45年の調査で、すり鉢の上部直径が18m~26m、底部直径が5m、深さが11.5mで、凹地のはほぼ中央に松材で組んだ井桁が配されていることが判明しています。
井戸へ降りる道は北側が入口で、上縁部では階段状、中間から底近くまではクネクネと降りていくことがわかっています。
文献への初登場は、文永7年(1270年)で、宝暦9年(1759年)に最後の改修が行なわれていますが、井戸がいつ頃築かれたかは定かでありません。

井戸のある小字(こあざ)は、堀難井で、現在は「ほりがたい」と呼んでいますが、以前は「ほりかねのい」(堀難=ほりかね)と称していました。
七曲井の脇を通る道が中世の鎌倉街道、古代は入間道(いりまじ)という交通の要衝だったことから、この地が歌枕の「ほりかねの井」である可能性もあるのです。
地元・狭山市は、七曲井は遅くとも9世紀後半〜10世紀前半、武蔵国府の手により掘られたと推測しています(つまりは武蔵国の公営事業で「まいまいず井戸」を掘削)。

七曲井の横には、その名も「井戸端園」という狭山深むし茶の専門店(生産・製造・販売)があり、一帯が、水はけの良い関東ローム層(武蔵野台地)を使った狭山茶の生産地であることがわかります。

まいまいず井戸は、武蔵野台地では、七曲井のほか、同じ狭山市に「ほりかねの井」候補の堀兼の井、東京都あきる野市(渕上の石積井戸)、羽村市(五ノ神まいまいず井戸)、青梅市新町(大井戸)が現存、府中市郷土の森博物館に武蔵国府エリアにあったまいまいず井戸が移築保存されています。
伊豆諸島では新島(原町の井戸)、式根島(まいまいず井戸)、八丈島(メットウ井戸)が残されています。

武蔵野の歌枕「ほりかねの井」とは!?

平安時代前期の女流歌人で、三十六歌仙のひとり、伊勢(いせ)は、「いかでかと思ふ心は堀かねの井よりも猶ぞ深さまされる」(『伊勢集』)を詠み、以降、「ほりかねの井」は、武蔵野の歌枕にもなった名勝として知られています。

「はるばると思いこそやれ武蔵野の ほりかねの井に野草あるでふ」(紀貫之)
「武蔵野の堀兼の井もあるものを うれしや水の近づきにけり」(藤原俊成)
「汲みてしる人もありけんおのづから 堀兼の井のそこのこころを」(西行)

『枕草子』(清少納言)には、「井はほりかねの井。玉の井。走り井は逢坂なるがをかしきなり。」と記され、、清少納言は、天下の第1位の井戸に「ほりかねの井」を選んでいます。

名だたる歌人が武蔵野の歌枕を「ほりかねの井」(堀兼の井)としていますが、実は、それがどこの井戸なのかは今もって謎なのです。

狭山市の堀兼・入曽地区一帯には江戸時代、武蔵野台地を五日市砂礫層まで掘り下げた「まいまいず井戸」が14ヶ所もあったといい、文化・文政年間(1804年〜1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』にも、「ほりかねの井」と称する井戸は各地にあり、どこが和歌の「ほりかねの井」なのかは定めがたいと記されています。

堀金村(堀兼村)は、川越藩の新田開発政策で誕生し、承応年間(1652年~1654年)に入植が行なわれた、近世の村。
残念ながら中世以前の歴史は定かでないのです。

七曲井
名称 七曲井/ななまがりのい
所在地 埼玉県狭山市北入曽1366
関連HP 狭山市公式ホームページ
電車・バスで 西武鉄道入曽駅から徒歩10分
問い合わせ 狭山市生涯学習部社会教育課 TEL:04-2953-1111/FAX:04-2954-8671
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
堀兼之井

堀兼之井

埼玉県狭山市堀兼、堀兼神社の境内にある歌枕「ほりかねの井」の地とも推測されるのが、堀兼之井。直径7.2m、深さ1.9mの凹地となった井戸の中央に、石組の井桁が組まれており、武蔵野台地に数多い土地をすり鉢状に掘り下げ、井戸に降りる道を螺旋状に

渕上の石積井戸

渕上の石積井戸

東京都あきる野市渕上、あきる野市開戸センターの敷地内にあるのが、渕上の石積井戸。水事情の悪い武蔵野台地で、掘って凹地をつくり、砂礫層まで届く井戸を掘ったもので、井戸に下る道が、まいまい(カタツムリ)似た螺旋(らせん)状になることから、「まい

五ノ神まいまいず井戸

五ノ神まいまいず井戸

東京都羽村市、JR青梅線・羽村駅近くの五ノ神社境内にあるのが、五ノ神まいまいず井戸。水事情の悪い武蔵野台地で、深く掘って凹地をつくり、そこに井戸を築いたのが「まいまいず井戸」。まいまいとは、カタツムリのことで、井戸に下る道が螺旋(らせん)状

原町の井戸

原町の井戸

東京都新島村、本村の前浜近くにある井戸が原町の井戸。正徳5年(1715年)に掘られたという歴史ある井戸で東京都の史跡。式根島や武蔵野にある「まいまいず井戸」(まいまいず=かたつむり)と同様に、地面をすり鉢状に深さ3.3m掘り下げ、地下水を汲

まいまいず井戸

まいまいず井戸

東京都新島村、式根島にある、島の開島時に地面を掘り下げた凹地に井戸を掘り、水不足を改称したのがまいまいず井戸。武蔵野などに多いまいまいず井戸ですが、明治23年から3年の歳月を費やし、20人足らずの島民と、新島からの協力者の尽力で完成した

青梅新町の大井戸

青梅新町の大井戸

東京都青梅市新町2丁目、新町御嶽神社の南、大井戸公園にあるのが、東京都の史跡に指定される青梅新町の大井戸。水事情の悪い武蔵野台地で、深く掘って凹地をつくり、そこに井戸を築いた「まいまいず井戸」(まいまい=カタツムリ)の一種で、井戸に下る道が

八重根のメットウ井戸

八重根のメットウ井戸

東京都八丈町大賀郷、八丈島の西側、八重根港近くにあるのが、八重根のメットウ井戸。水に悩まされた伊豆諸島や武蔵野台地に築かれた、「まいまいず井戸」(まいまい=カタツムリ)のひとつで、すり鉢状に掘った底に井戸を築き、螺旋状になった道で水汲みに降

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ