【旅の百科事典】 三元とは!?

三元

三元(さんげん)とは、旧暦1月15日の上元(じょうげん)、7月15日の中元(ちゅうげん)、そして10月15日の下元(かげん)の3つの日で、中国、道教の行事がルーツです。1年を三等分するのではなく、2:1:1(6ヶ月・3ヶ月・3ヶ月)に分け、いずれの日も15日、つまりはほぼ陰暦では満月にあたります。

上元(じょうげん)/1月15日

上元=賜福(福を与える)の日。
中国では元宵節(げんしょうせつ)とも呼ばれています。
『東都歳時記』に「上元御祝儀、貴賤今朝小豆粥(あずきがゆ)を食す」と記されるように、この日に小豆粥を食べると、その年の疫が避けられるといわれています。

むこ投げすみ塗り

1月15日【今日は何の日?】

1月15日は、三元の一つ上元、小正月、田沼意次が老中となり田沼時代が幕開け、坂下門外の変、軍艦島閉山の日、青海の竹のからかい、野沢温泉『道祖神まつり』、七百余所神社『村上の神楽』、盛岡八幡宮『裸参り』、十日町市の『むこ投げすみ塗り』、横浜マ

中元(ちゅうげん)/7月15日

中元=赦罪(罪を赦す)の日。
中元は本来は道教の赦罪の日、災厄を除く日ですが、仏教の盂蘭盆(うらぼん)と融合し、先祖を敬う日に。
先祖供養に供える品が、お世話になった人に物を送るお中元の風習に発展しました。
三元のうち、もっとも日本に根付いたのがこの中元です。

7月15日【今日は何の日?】

7月15日は、盂蘭盆会(うらぼんえ)、つまりはお盆(旧暦の7月15日)です。三元のひとつで、中元、そして箱根富士屋ホテルが開業、横浜電気鉄道(横浜市電)開業、明治21年に檜原湖などを生み出した磐梯山の大爆発、大阪港開港記念日、ファミコン発売

下元(かげん)/10月15日

下元=解厄(厄を祓う)の日。
中国では、先祖の霊を祀る日、そして災厄を逃れるよう祈る日ですが、日本では定着していません。

10月15日【今日は何の日?】

10月15日は、三元の一つ、下元、奈良時代に大仏建立の詔が出された日、明徳の和約で南北朝時代が終焉した日、グレゴリオ暦制定の日、官設鉄道・高崎~横川(現・信越本線)開業の日、ぞうりの日、きのこの日、たすけあいの日です。下元上元(1月15日)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ