【南魚沼・十日町取材レポート】No.8 そばや清兵衛

そばや清兵衛

そばには、田舎そば、更科そば(御前そば)などいろいろあって、そば談義に花を咲かせることができるわけですが、新潟県十日町市界隈のそばが、「ふのり」(布海苔)をつなぎに使うのは、越後上布(麻布)の工程にふのりが使われるから。ヘギと呼ばれる器に盛り付ければ、「へぎそば」となります。そばや清兵衛ももちろんふのりつなぎです。

のどごしバツグンの「ふのり(布海苔)つなぎ」

十日町市街と松代(まつだい)を結ぶ、国道253号。
連続するトンネルの途中で、脇にそれ、少し県道427号を上ったところにある「隠れ家的」なそば屋が、そばや清兵衛です。

なにせ、こだわりが違います。
まず、地元産の玄そば。
その玄そばを香りを逃さないようにと、石臼で挽いています(それも核部分のみ)。

つるつるする食感は、このこだわりのそば粉と、ふのりがもたらすものです。

テーブル上に、くるみが殻のまま置いてあるのは、薬味として使うため。
春は地の山菜、秋にはキノコが天ぷらなどでメニューに加わります。

画像は、平成30年3月13日〜15日に行なわれた「#いいね新潟 南魚沼・十日町取材会」の参加メンバーによるツイッターをまとめたものです。

そばや清兵衛 DATA

名称 そばや清兵衛/そばやせいべえ
所在地 新潟県十日町市真田丙1896-2
関連HP そばや清兵衛公式ホームページ
ドライブで 関越自動車堂六日町ICから約23km
駐車場 10台/無料
問い合わせ TEL:025-757-1298/FAX:025-757-1298
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材協力/そばや清兵衛、新潟県観光協会、雪国観光圏

そばや清兵衛

2018.05.22
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ