三井寺・護法善神堂

三井寺(園城寺)の護法善神堂は、1727(享保12)年に再建されたもので、大津市の文化財。堂内には檜(ひのき)の一本造りで国の重要文化財に指定される護法善神立像(ごほうぜんしんりゅうぞう/平安時代の作)が祀られています。護法善神は、鬼子母神((きしもじん=訶梨帝母)で、子供の守り神として信仰を集めています。

5月中旬の土・日曜に『鬼子母善神開扉』が

鬼子母神は従来人間の児を奪い食する悪鬼でしたが、釈迦鬼子母神の愛する子のひとりを乞食(こつじき)に用いる鉢で隠して諭し、その後仏教に帰依して善女神(子供と安産の守り神)になったとか。
園城寺では、円珍(智証大師)の護法神として、篤い信仰を集めています。
平安時代には貴族も訶梨帝母像を祀り、安産を願ったのです。
子供の無事成長を守護し、安産を約束するということで護法善神堂は、今も参詣者が絶えることがありません。

円珍(智証大師)が子供の頃、そして入唐後に訶梨帝母(かりていも)としてその姿を現したということで、堂内左脇には鎌倉時代作の訶梨帝母倚像(国の重要文化財)が安置されています。

5月中旬の土・日曜の『三井寺千団子祭』では千人の子供たちの供養のため千の団子を供え、鬼子母善神開扉が行なわれています。
また、境内には植木・苗市が立って賑わいます。
 

三井寺・護法善神堂 DATA

名称 三井寺・護法善神堂/みいでら・ごほうぜんじんどう
所在地 滋賀県大津市園城寺町246
関連HP 三井寺
電車・バスで 京阪石山坂本線三井寺駅から徒歩12分
ドライブで 名神高速道路大津ICから約3.5km
駐車場 350台(園城寺駐車場)/有料
問い合わせ TEL:077-522-2238
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大津・琵琶湖畔に泊まるなら、公共の宿も狙い目!

2018年7月31日

取材班おすすめ! 大津に泊まるならリゾートホテルに予約を!

2018年7月31日

三井寺

2017年8月17日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ