奥琵琶湖パークウェイ

奥琵琶湖パークウェイ

滋賀県長浜市、奥琵琶湖の菅浦〜岩熊(やのくま)に至る全長18.8kmのドライブウェイが奥琵琶湖パークウェイ。沿線には4000本ほどの桜が植栽され、開花期には見事です。つづら尾崎展望台からは竹生島方面を眺望、かつて琵琶湖の舟運で活躍した「丸子船」のモニュメントが配されています。

つづら尾崎展望台からは奥琵琶湖を一望に

奥琵琶湖パークウェイ

もともとは、昭和46年9月29日に開通した有料道路が「奥琵琶湖パークウェイ」で、平成元年4月1日に無料開放され、菅浦〜つづら尾崎展望台が、滋賀県道513号(葛籠尾崎大浦線)、つづら尾崎展望台〜岩熊・国道303号分岐が滋賀県道512号(葛籠尾崎塩津線)になっています。

菅浦側からのみ進入可能で(岩熊側からは入れません)、菅浦〜つづらお崎展望台(滋賀県道513号)は対面通行、つづらお崎展望台〜岩熊(滋賀県道512号)は一方通行になっています。
12月〜3月は冬季通行止め。

奥琵琶湖パークウェイ入口の菅浦地区は、奥琵琶湖パークウェイ開通まで、隔絶したエリアで、中世〜近世の惣村活動を記録した『菅浦文書』は国宝になっていて、「菅浦の湖岸集落」は国の重要文化的景観に選定されています。
奥琵琶湖パークウェイに入ると「菅浦の湖岸集落」、須賀神社を見逃してしまうので、進入する前に寄り道を。

沿線の桜の見頃は例年4月上旬~4月中旬頃、紅葉の見頃は11月中旬〜11月下旬頃です。

奥琵琶湖パークウェイ
奥琵琶湖パークウェイ
名称 奥琵琶湖パークウェイ/おくびわこぱーくうぇい
所在地 滋賀県長浜市西浅井町菅浦〜岩熊
関連HP 長浜観光協会公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道木之本ICから約20km
駐車場 展望駐車場
問い合わせ 長浜観光協会北部事務所 TEL:0749-82-5909/FAX:0749-82-5913
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
須賀神社

須賀神社

滋賀県長浜市西浅井町、かつて琵琶湖の舟運で栄えた、琵琶湖の北岸・菅浦の高台に鎮座する古社が須賀神社(すがじんじゃ)。天平宝字3年(764年)、淳仁天皇が営んだ離宮・保良宮(ほらのみや)として創始されたともいわれ、神社の裏山に淳仁天皇の御陵と

菅浦の湖岸集落

菅浦の湖岸集落

滋賀県長浜市西浅井町、葛籠尾崎(つづらおざき)の西側の入江の集落が菅浦で、琵琶湖の舟運の拠点として繁栄し、周囲から隔絶した環境だったため独自の文化が育まれ、菅浦の湖岸集落として国の重要文化的景観に選定、日本遺産「琵琶湖とその水辺景観 – 祈

西の四足門・神輿堂

西の四足門・神輿堂

滋賀県長浜市西浅井町、奥琵琶湖の秘境的な集落、菅浦にあるのが西の四足門・神輿堂(にしのしそくもん・みこしどう)。かつて琵琶湖舟運で栄えた菅浦にはこの四足門や石垣など、往時の姿が残され、「菅浦の湖岸集落」として国の重要文化的景観に選定にされて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ