鎌刃城

鎌刃城

滋賀県米原市にある中世の山城の跡が鎌刃城(かまはじょう)。応仁の乱以前に土肥氏が築城した湖北最大級の山城で、京極氏と六角氏の攻防、織田信長と浅井長政の攻防の舞台にもなっています。国の史跡に指定されるほか、続日本100名城に選定されています。

京極氏と六角氏、織田信長と浅井長政、攻防の城

鎌刃城は、京極領と六角領の境に位置する尾根上の城。
標高384mで、山麓との比高は250mほどある要害です。
湖北を視野に入れ、関ヶ原への幹線道路を抑えるという要衝で、京極家の家臣・今井一族の軍記『今井軍記』に文明4年(1472)の京極軍による鎌刃城攻めが記されているので、応仁の乱以前に築城されていたと推測できます。
天文7年(1538年)に六角氏側の手に落ち、永禄2年(1559年)、浅井氏配下の堀氏が入城。
元亀元年(1570年)、浅井長政が織田信長に反旗を翻した際には、13歳の城主・堀秀村(ほりひでむら)は織田信長に従い、湖北支配の拠点として機能しています。
天正2年(1574年)、突然、城主・堀秀村が織田信長により改易され、廃城に。

城域は、東西400m、南北500mに及び、湖北では浅井氏の居城・小谷城に次ぐ規模を誇っています。
山頂の主郭・副郭を中心に北西の尾根上に7ヶ所、南東の尾根上に2ヶ所、琵琶湖に臨む西の尾根上に8ヶ所の曲輪(くるわ)を設け、主郭を含む一部の曲輪は周囲を石灰岩(鈴鹿山脈の裾でカルスト地形です)の石積みで構築され、尾根の先端はすべて堀切で防備されるという堅固な造りです。

山麓の中山道側、町屋橋近くに登城口(駐車場)があり、名神高速道路をくぐり、主郭まで徒歩50分。
滝谷林道を青龍の滝近くの駐車場まで車で入ることもできますが、運転に慣れた人向けのワイルドな道です。

鎌刃城
鎌刃城
名称 鎌刃城/かまはじょう
所在地 滋賀県米原市番場
関連HP 長浜・米原を楽しむ観光情報サイト
電車・バスで JR米原駅から 湖国バスで6分、番場下車、徒歩45分
ドライブで 北陸自動車道米原ICから約1.5km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 米原市生涯学習課 TEL:0749-53-5154
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

小谷城

滋賀県長浜市の小谷山(おだにやま・標高495.1m)にあり、浅井(あざい)家が3代にわたって居城とした中世の山城で国の史跡が小谷城(おだにじょう)。大永4年(1524年)頃に浅井亮政(あざいすけまさ)が自然の地形を巧みに利用して築城したと推

日本100名城 近畿14城

江戸時代まで朝廷があった京に近く、戦国武将の活躍の舞台として歴史の表舞台に登場する機会の多い、近畿の名城。さらに江戸時代の初めには徳川幕府の西国監視の役割を果たした姫路や明石の城。近畿には魅力あふれる城が多く、天空の城として有名な竹田城など

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ