国賀海岸めぐり観光船

国賀海岸めぐり観光船

大山隠岐国立公園の特別保護地域に指定される海岸が、島前一の景勝地として名高い島根県西ノ島町の国賀海岸。高さ257mの垂直に切り立つ大絶壁の摩天崖、長さ200mに及ぶ天然のトンネル・明暗の岩屋など約7kmにわたって続く粗面玄武岩の海蝕崖・海蝕洞を探勝するには国賀海岸めぐり観光船に乗るのがいちばん。

波の静かな日なら3ヶ所ある海蝕洞に観光船が進入!

国賀海岸めぐり観光船
国賀海岸めぐり観光船

隠岐観光の観光船は、浦郷港を発着する所要1時間30分のAコースと、別府港を出航し浦郷港に帰着する所要2時間10分のBコースが用意されています。
両コースとも通過する船引運河は、大正3年に開削された内海と外海を結ぶ運河で、西ノ島町のシンボル的な存在となっています。
波の静かな日なら3ヶ所ある海蝕洞(乙姫御殿、滝見の岩屋、明暗の岩屋)の内部まで観光船が進入します。

隠岐の島前は、中央火口丘である焼火山(451.7m)を中心に円形に島々が取り囲む、カルデラ地形。
つまり、中央の内海部分が陥没した場所で、国賀海岸などはカルデラの外壁にあたります。
このことを知っておけば、旅に深みが生まれるので、隠岐の各所で隠岐ユネスコ世界ジオパークの解説板のチェックを、ぜひ。

国賀海岸めぐり観光船
国賀海岸めぐり観光船
国賀海岸めぐり観光船

浦郷港発着 Aコース(所要1時間30分)

浦郷港~国賀海岸(鬼ヶ島・摩天崖・乙姫御殿・通天橋・天上界・観音岩・滝見の岩屋・国賀の赤壁・明暗の岩屋)~船引運河~浦郷港

浦郷港発・浦郷港着 Bコース(所要2時間10分)

国賀海岸めぐり観光船
明暗の岩屋をくぐる
国賀海岸めぐり観光船
ねずみ男岩とぬりかべ岩

別府港~(菱浦)~東国賀海岸(ねずみ男岩・錦ヶ崖・つばめ御殿・三枚屏風)~国賀海岸(鬼ヶ島・摩天崖・乙姫御殿・通天橋・天上界・観音岩・滝見の岩屋・国賀の赤壁・明暗の岩屋)~船引運河~浦郷港

国賀海岸めぐり観光船 DATA

名称 国賀海岸めぐり観光船/くにがかいがんめぐりかんこうせん
所在地 島根県隠岐郡西ノ島町浦郷544-15
関連HP 隠岐観光株式会社公式ホームページ
ドライブで 西ノ島別府港フェリーターミナルから約5.6kmで浦郷港の国賀観光船乗り場
駐車場 20台/無料
問い合わせ 隠岐観光株式会社 TEL:08514-7-8412
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
西ノ島町

達人のおすすめ! 西ノ島町(島根県)の観光スポット

2019年2月26日
船引運河

船引運河

2019年2月26日
別府港フェリーターミナル(西ノ島町)

別府港フェリーターミナル(西ノ島町)

2019年2月25日
観音岩(ローソク岩)/国賀海岸の天上界

観音岩(ローソク岩)/国賀海岸の天上界

2019年2月25日
通天橋

通天橋

2019年2月23日
摩天崖

摩天崖

2019年2月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ