富士川橋(静岡県道396号)

富士川橋(静岡県道396号)

静岡県富士市と静岡市清水区の間を流れる富士川に架る静岡県道396号(富士由比線)の橋が、富士川橋(県道)。東海道本線の富士川橋梁と東名高速道路・富士川橋の間に位置するのが県道の富士川橋で、大正13年に国道1号の橋として完成した歴史ある6連曲弦プラットトラス橋です。

大正13年架橋のトラス橋が現役で活躍

富士川橋(静岡県道396号)
すぐ上流に四ヶ郷頭首工(しかごうとうしゅこう)が

あまり注目されていませんが、現役の道路橋としても日本屈指の歴史を誇る橋。
しかも下流側から眺めると、緑色のトラス(三角形が組み合わさった構造)の上に富士山という絶景が。
富士川の河口部からは、4.5kmの場所で、東海道の富士川の渡しがあった場所です。
西側の岩淵は、東海道吉原宿〜蒲原宿の間の、間の宿として機能し、東海道の一里塚が残されています。

万治2年(1659年)頃に刊行された『東海道名所記』に「大河にして、水、はなハだ、はやし。」と記された富士川の渡し場で、明治時代に木造の橋が架橋されますが、急流の富士川ゆえにたびたび流失し、初の永久橋として架橋された鉄橋(国道橋)が現在の県道・富士川橋です。

富士川橋の架橋は、初代の日本鉄道・荒川橋梁、東海道本線の富士川橋梁など数多くの鉄橋を手掛け、「鉄橋小川」の異名を有した小川勝五郎(おがわかつごろう)の指導のもとで勝呂組が担当。
総工費85万円、当時としては最高水準の技術を結集して施工されています。

橋長399.1m、幅員7.3mで、昭和63年に6連アーチのうち2連を拡幅のために架け替え、さらに昭和46年4月26日、河口から1.5kmの場所に国道1号(富士由比バイパス)の新富士川橋完成に伴い、平成5年に国道1号から県道に変わっています。

富士川橋のすぐ上流側には、富士川の水を農業用水として四ヶ郷用水(しかごうようすい)に取入れるための四ヶ郷頭首工(しかごうとうしゅこう)があり、小さな段差が滝となり、富士山を眺めるビューポイントになっています。

富士川橋(静岡県道396号)
富士川橋(静岡県道396号)
名称 富士川橋(静岡県道396号)/ふじがわばし(しずおかけんどう396ごう)
所在地 静岡県富士市松岡〜岩淵
ドライブで 東名高速道路富士川スマートICから約1km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
新富士川橋

新富士川橋

富士川に架る橋は数多く東名高速道路の富士川橋、静岡県道396号富士由比線の富士川橋、山梨県道405号割子切石線の富士川橋とまぎらわしいのですが、新東名高速道路に架橋された橋が新富士川橋。富士市と富士宮市の間を流れる日本三大急流にも数えられる

四ヶ郷頭首工

四ヶ郷頭首工

静岡県富士市を流れる富士川、静岡県道396号(富士由比線)の富士川橋の上流側にあるのが、四ヶ郷頭首工(しかごうとうしゅこう)。四ヶ郷用水(しかごうようすい=富士川用水)に取入れるための取水口で、堰を越える水が滝のようになることから、富士山の

富士川橋梁・下り線(東海道本線)

富士川橋梁・下り線(東海道本線)

静岡県富士市を流れる富士川に架る歴史ある鉄道橋梁が、富士川橋梁・下り線(東海道本線)。現存する下り線の鉄橋は、明治21年9月完成し、明治22年2月1日開通時のもの(大正時代に桁を交換)。複線化時に上り線でしたが、現在は下り線として使用。東海

小休本陣常盤家住宅

小休本陣常盤家住宅

静岡県富士市岩淵、富士川の畔、東海道の間の宿として機能した岩淵宿での大名の休憩所となっていたのが小休本陣常盤家住宅(こやすみほんじんときわけじゅうたく)。江戸時代を通し富士川渡船の渡船役を務めた名家で、建物は国の登録有形文化財。土・日曜、祝

フジスカイビュー

フジスカイビュー

静岡県富士市岩淵、富士川のほとり、東名高速道路・富士川サービスエリア(上り)・道の駅富士川楽座にある大観覧車がフジスカイビュー。富士川は、街道時代からの富士山のビューポイントでしたが、観覧車のゴンドラからならさらなる絶景が。静岡県道10号(

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ